TETSUYA KOMURO EXCLUSIVE DJ
2005/07/07 渋谷module



月イチクラブイベント、今月も行ってまいりました。いつもより少し遅れて、会場前に着いたのは8時50分ごろだったのに、意外に空いていて驚きました。待っていたのは、三人くらいかな。前回は雨が降っていたにも関わらず、開店30分前には30人近くの人たちが並んでいたのに・・・今回は、どうしてあんなに人が少なかったんでしょうか。9時10分過ぎくらいに開店しても、しばらくはフロアがスカスカで、ちょっと困惑しました・・・。
しかも、みんな最前のバーの前に詰めてしまっているから、余計にフロアが広すぎて(苦笑)。私もしばらく前の方で適度に揺れていたのですが、後ろのお客さんたちが少しずつ少しずつにじり寄ってきて、気が付いたら全く身動きできなくなっていました(笑)。私の足のつま先には席取り用(!)の荷物、かかとには後ろの人の靴が。いつの間にか、足が一ミリも動かせなくなっていて、ちょっと、ぽかんと、しました。
幸い、知り合いの小室ファンの方々と合流できたので、しばらく上階のバーで時間を潰すことにしました。一時間半くらい、ひたすらまったりと小室話。私はいつも一人でクラブに行って、入店から退店までひたすらガツガツと踊りまくる貧乏くさいタイプなので、こんなに気持ちにゆとりのあるクラブライフは初めてでした(笑)。

で、結局11時半くらいまで時間を潰してからフロアに戻ると、さすがに人でいっぱいになっていました。DJは、毎度お馴染み(?)のマーク似外国人さん(きくところによると、上智大学の留学生で、あの日が21歳の誕生日で、さらにモデルもやっていらっしゃるらしい。年下だとは、ちょっとショック(?)です)。ただ、前回までは、小室が出てくるまでに彼のDJでへとへとになるまで踊りまくっていた覚えがあるのですが、それに比べると、今回はそこまで盛り上がり切らないまま、0時半ごろ小室にバトンタッチ。
マーク似さんが盛り上げきらなかったフロアを、今回は小室がガンガン盛り上げます。最初に一曲洋楽の歌モノ(ロックじゃなくて、わりとゆるーい感じの曲)をかけて、後はひたすらテクノ系のインスト。中盤に数曲洋楽を挟んで、後半にはINSIDE feat.MARC〜GOING OUT THINGS〜get it on now feat.KEIKOというメドレーも。最後にもう一曲歌モノ洋楽をかけていたかも。でも、基本的にはテクノ・トランス系のインストばかりで、今までのような洋楽ロックとテクノインストが交互にかかる不思議なプレイではなく、非常にノリやすい、ノリが持続しやすい構成でした。
結局、小室は一時間半くらい回していたかなぁ。いつものようにマーク似さんにバトンを返し、しばらくDJブースの中でくつろいでいましたが、そのうちまた、フロアを堂々と通って帰っていきました(ちなみに、後ろ前に被っていたキャップは、帰る時にはちゃんとヒサシが前に来るように被りなおしていました・笑)。

今回は、ケイコは全く登場せず。せっかく年に一度の遠恋デー(=七夕)なのに、そんな日に限って離れているなんて(笑)。でも、別に私はケイコ目当てで行っているわけじゃないし、むしろ目の前でラブ広げられる(←この表現好きだな、私)とそっちにばかり気を取られてしまって踊れなくなるので、彼女がいない方がクラブ本来の楽しみ方を満喫できる気がして、よいのでは、とも思います。
そういえば、小室が登場するとき、ちょうど私のすぐ横を通ってDJブースに入っていったのですが、あまりにフツーに歩いてくるため(勿論、周りにガードの人は何人もいますが、小室本人が本当にフツーっぽくスタスタ歩いてくるので)、「え、あれ、あの人てっちゃんだよね・・?え、やだ、本物?」とか色々考えているうちにスーッと目の前を通り過ぎられてしまいました(笑)。世界のTKも、オーラを消しているときは、本当にただのちいちゃいお兄ちゃん(それでも「おっさん」では断じてない)だから(笑)。

この日の小室は、メッシュの入った黄色いキャップを後ろ前に被り、白地に袖が紺(黒?)のロンT。Tシャツのフロントには、ピンクフロイドのロゴとロックなイラスト。バックにも大きくイラストが入っているようでしたがよく分からず。相変わらず格好だけはロック小僧です。下半身は全く見えませんでした。
前回と見比べての第一印象は・・・小室、また痩せた!?という感じ。なんだか頬がこけているように見えました。前回moduleで見たときは、「いい感じに細くなってて嬉しいわ♪」と思っていたのですが、それより更に痩せたというか、やつれたというか?着ていた服が細身だったせいもあるのかなぁ、全体的にか細く見えました。アルバムの仕事もまだ終わっていないようだし、最近avex関係のプロジェクトであちこち飛び回っているみたいだから、忙しくて大変なのかなぁ。ケイコ、こんなときこそ、ちゃんとブタレタスを食わせないと(笑)!
でも、痩せたと言っても別に疲れた感じはしなくて、むしろ眼光鋭くフロアに挑むような、客を睨むような、挑戦的な表情を見せたりして、カッコよかったです。勿論、今回も曲をかけながら笑顔で体を揺らしたり、両手を上げて自ら客を煽ったりする楽しそうな姿も見られましたが、私はもともと小室が挑発的な顔をするのが好きなので(痩せやつれたマッド小室風味だとなおよろしい。スーツ姿ならなおなおよろしい)、妙〜に、この、「睨む小室」が印象に残ってしまっているんです(逆に、前回の小室は、やたらスマイリーだった印象がありますが・・)。でも、どんなにマッド小室風味にカッコつけても、格好は、かわいくナマイキな小僧っこ風味なので、結構アンバランスだったりもして(笑)。

お客さんは・・・前回のmoduleイベントに比べると、静かだったと思います。
・・・・これを言うと、すごくたくさんの人を敵に回してしまうような気もするんですが・・・・・あのね、私は、コンサートで最前列のお客さんが棒立ちしてようが座ってようが、別に腹は立たないのね。じっくり座って鑑賞するのもコンサートの楽しみ方の一つだと思うし、それに席は勝手に決められてしまうものだから。でも、クラブでDJブースの目の前にいるのだったら・・・能動的にそのポジションを選んだのだとしたら、それは踊るべきだと思う。その目当てのDJが回しているときは勿論、そうでない人が回しているときであっても。それは、イベントに関わっている人たちへの礼儀の一つだと思うのね。
WOBMのst、なんばハッチのトライバルキックスTV、そして今回のEXCLUSIVE DJ SETと、いつも小室がらみのイベントに行くたびに思ってしまうことなんだけれど・・・ただ、私自身はどうかというと、別にクラブに行きなれている「クラバー」では全然ないので偉そうなことを言える立場では全然ないし、ガン踊りするタイプではあるけれど、あの人口密度が超高い空間で私の自己流の踊り方は周りに迷惑なんじゃないだろうかといつもビクビクしながら踊っています。
・・・もう随分前の話だけど、ライブで空気を読まずに踊りまくり叫びまくるファンの男性がいてね、その人がファンサイトで「globeファンは全然踊ってない。もっと踊ってライブを盛り上げるべきだ」って言っているのを見て微妙な気持ちになったことがあってね・・・自分が今言っていることも、それと同じなんじゃないか、という一抹の不安はあります。ほんとうに、偉そうなことを言っていますね、ごめんなさい。「それは違うよ那々!」「私はこう考えながら参加してるよ」という意見がありましたら、どうぞ教えてください。特に、普段からクラブにガンガン通っている方々が一連の小室イベントについてどう感じられているのか、興味があります。

まぁ、正直なところ、「おまえの格好がいちばん空気読めてない」と言われたら、返す言葉がないのですが(笑)。

あ、勿論、すごく盛り上がっていたお客さんたちもたくさんいたし、小室のプレイが終わってからもフロアは結構人が多くて、疲れ知らずで踊り続けているクラバーさんたちも多かったですよ。
あと、後ろの方で、ちょっとギャル男くんっぽいノリのグループがいて、「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」みたいな感じで盛り上がりまくり、「TKサイコー!」と叫びまくりでした(笑)。いいなぁ、私は一人で孤独に踊るタイプなので、団体であれだけ弾けられたら楽しいんだろうなぁ・・・と少し羨ましく思いました。(ちなみに、文恵さんとそのお友達だったらしいです。ケイコは来なくても文恵さんは来るのかぁ・・・)。

・・・と色々書きましたが、小室のDJプレイ自体は、前回のmoduleよりもずっと盛り上がりました!小室曲もそれ以外の曲も、思いっきり踊れる選曲で楽しかったです。ケイコも出てこず、過去二回のイベントに比べると、よりストイックで、より「普通のクラブイベ」っぽい?という感じでしょうか。
そして、このペースで行くと、次の開催はハチクのあたりになりそう・・・?どうなるのか、楽しみなような不安なような。ハチク記念にクラブイベでお茶を濁されるのは困るけど、何もないよりはマシでしょうか(笑)。

ちなみに、イベント告知のページを見ると、今回のイベントは、主催にドラゴンの事務所が噛んでいたみたい(?)で、ドラゴンもDJブースに姿を見せていました。グラサンはしていなかったような。ドラゴンって、黒サングラスをかけていると、結構コワモテな感じに見えるけど、裸眼のドラって、目がちいさくて結構かわいいです(笑)。小室が帰った後(今回、小室は自分の出番が終わると速攻で帰ったらしいです。織姫に会いに行ったのかしらん・笑)、ドラゴンも回してくれたらしいですが、私はその時フロアにいなかったのでよく分かりません・・・。
以前のstのときなどは、ドラゴンが出てくると「うわー!ドラゴンだー!DJドラゴンだー!すげぇ、アー写で見たのと同じ顔だよー、売れっ子DJだよー、GABALLのメンバーだよー!」とミーハーに嬉しがっていたものですが、今はだいたい週に一回ベルファーレで顔を見ているので(笑)、ありがたみはかなり薄れてしまってます。

小室の出番が終わった後、私はまだしばらくマーク似さんのプレイで踊っていたのですが、さすがに疲れてきてバーへ上がり、しばらく酒を飲みながらまったりとお喋り。4時くらいにクラブを出て、初対面の方々も含めてセンター街で朝マックと洒落込みました。始発までの時間潰しのはずだったのに、話が弾みまくってしまって、気が付いたら5時半くらいまで話し込んでしまいました(笑)。
結局、家に着いたのは6時すぎ。眠れたのは一時間半くらい・・・昼休みに仮眠を取るまでは、かなり頭が朦朧としていました(笑)。

2005/07/10 23:11