那々の日々。常にギリギリリミット!

鯖江で修行僧ライフを送る2月編。




2005/02/28 17:23  
ついにJudgementが!

那々です。独り言は得意でも、会話のキャッチボールは苦手です。
・・・なんだか、ヒロシっぽくなってきたなぁ。どうして毎回毎回日記の出だしが「那々です。」なのかというと、投稿用フォームのフォーマットを、「<font size="-1">那々です。</font>」(実際には「<」と「>」は半角です)と作ったっきり、それをそのまま使っているからです。

Judgement着うた&着動画先行配信だそうです。ライブバージョン、っていうことは、ライブ音源をそのまま流すのかなぁ?
私は、大学を卒業したら、auからTU-KAに切り替えようと思っているんですが、着うたってauだけの機能なんですよね。携帯の機能にはそれほどこだわらないので(まさしく、「話せりゃえぇやん、電話やし」ですよ)、別に着うたがなかろうがムービーメールがなかろうが(写メくらいはほしいけれど)構わないんですが、こういう携帯先行配信サービスが今後増えていくとなると、TU-KAは不利ですよね。ちょっと考えてしまいます。
というか、よく見たら、下の方に、ライブの「オンデマンド配信」と書いてあるじゃないですか!あまりにも唐突に現れた情報に、ちょっとビックリしていますが、こっちもすごく楽しみです。でも、四月に発売されるライブDVDとは内容を違えてあるのかなぁ。

ところで、麻美のダムチャンネル番組収録ライブ、当選された方はいますか?告知されてから真っ先にメールを送ったんだけれど、それっきり音沙汰なし。ライブが3月4日だから、そろそろ当落通知が来るかなーと待っているんですけれど。
楽しみだなぁ、私は曲数の多いハイパージョイがご贔屓だけど、これからはダムチャンネル見たさにサイバーダムに通っちゃうぞ。
ちなみにUGAは曲数が多いわりにUSとかナミエズスタイルが入っていないので結構片手落ち(USはダムにも入っていないけれど)。以前は、トーコのFor a long timeが入っているという理由だけでセガカラに行ったこともあったけれど、最近はこの曲がジョイにも入ったので(以前はなぜか、For〜が入っているのはセガカラだけだたのだ)、音も曲数も劣るセガカラからはおさらば。ネオンなんてもってのほか。
いちばんいいのは、全ての機種が歌えるパセラだけれど、店舗数が少ないのがネックなんですよねぇ。

そういえば、3月5日が卒論印刷の最終稿締め切り・・・だったんだそうです。知らなかった。いや、知っていたんだけれど、無意識的に記憶脳の外に追いやっていたんでしょうか。
1月の口頭試問前に、書き足すべきところ(ミサイル防衛について)はほぼ書き足しておいたんだけれど、もう一回推敲しようかな。口頭試問では、教授から「この論文は、○○を×××的アプローチから捉えたところが非常に面白い。もっとこのアプローチを追及してみたらいいと思う」と、全く身に覚えのないことを褒められたので、追求したくても追求の仕方が分かりません。
まぁ、ミサイル防衛関係の新しいニュースをチェックして、あと核テロ関連の本を一冊くらい読んで、そのくらいで清書するつもりです。




2005/02/27 20:16  
ハッピーバースデー!!!

那々です。さて、三択です。今日は何の日?
1、ドミニカ共和国の独立記念日。
2、「104」の料金が値上げされた日。
3、「2.26事件」の翌日。
どれもブーブー。正解は、那々が一人でケーキを食う日です。
ウソです。1、2、3、は一応どれも正解です(順に、1844、1998、1936年の出来事)が、マークの誕生日なのでそれらのことはどうでもいいです。
というわけで、私は今日はマークの誕生日を祝って、ケーキを食べました。
・・・本当は、ちいちゃなホールケーキでも買ってきて、チョコで「りゅういちくん おたんじょうびおめでとう」とでも書いてもらおうか・・とか思ったんですが(笑)、今日、ケーキバイキングのアルバイトで廃棄ケーキを四つも出してしまったので、それを昼食代わりに全部(!)食べたら、胸焼けしてホールケーキどころじゃなくなってしまいました。いくら100円バイキング用に作られた小型の三角ケーキとは言え、チーズケーキと苺ショートとチョコムースケーキとホワイトポンプを四つ食べるというのは、我ながらダイエット中の行動とは思えません(反省)。
今日一日で、100円ケーキを700個売りながら、このうちの一つでもいいから、私と同じこと考えながら食う人がいないかなぁ・・・などと夢想しながら、ひたすら他人の為にケーキを箱詰めして過ごしました。
とりあえず、みんなケーキ食え。

あーあ、それにしても、今日はマークはどうやって過ごしたんだろう。やっぱり愛する家族と一緒なのかなぁ。いえ、別にそれがイヤってわけでは全然ないんですが、今年は(去年と違って)レコの真っ最中なんだから、どうせならスタジオで三人でお祝いしててくれてないかなぁ・・・なんてまたこれも夢想しています・・・。




2005/02/25 01:11  
ビデオ整理。

那々です。globeのアルバムレコが始まったそうで!ウハウハ喜んでいます。いや〜待ち遠しい。Judgementは入るかな?Judgement路線だとすると、久々にロック色が強かったりするのかな?マークの曲は入るのかな?今年こそ2月27日は三人でお祝いできそうかな?・・・と、今から身悶えするほど楽しみです。今から始めたんじゃ発売は4月かなぁ・・・どうにかこうにか、伝説のラバゲ級スピードレコーディングで頑張って、3月末までに出してくれないかな。やっぱり「globeの三月」には、何か新作がほしい。

さて、CDはとりあえず置いておくとして、溜まりにたまったビデオコレクションをDVDに焼くことに着手しました。
私が小室関係のテレビ番組をエアチェックし始めたのは98年くらいからだったので、他のファンの方々に比べれば微々たるコレクションなのでしょうが・・・それでも、後からダビングしていただいたものなども含めると、録画ビデオが80本くらい。しかも、2001年くらいまではビデオに何と何が入っているのかラベルに細かく書いてあるのに、その後めんどくさくなったのか、パッタリとラベルも貼らなくなって(笑)、黒いプラスティックの背がむき出しになったままのビデオがずらーっと3、40本(笑)。中に何が入っているのか一つひとつ確認していく作業は、なかなか大変です。とりあえず、いつかもう一度見てやろうと思っていたシャガールスペシャルは、何とか発掘しました。あと、「永遠の音楽少年」が行方不明なので探さなきゃ。genesisとStop!のPVが入ってるビデオは、誰かに貸したっきりな気もするしなぁ・・・。
ボックス特典になった「globe 2000」や「CRUISE of globe」もあるし、マークが司会をしたアジア音楽祭みたいなのも何本もある(トークが寒々しいのでそれほど見返したくはない)。以前は、小室に何かあると一日中各局のワイドショーに網を張ってチェックしていたものですが、2002年後半あたりから徐々に嫌気が差して、今では全くチェックしなくなってしまいました。コメンテーターさんたちの呆れた顔と分かったような説教はもうたくさんなので(苦笑)。
ていうか、ラベルに簡単に「コム結婚関係ワイドショー」って書いてあったから、新高輪プリンスでも映ってるかと思って久々に再生してみたら、ヤツは得意げな顔してカルティエの指輪を見せびらかしていました・・・そっちの結婚かよ!みたいな(苦笑)。
というわけで、今日はシャガールスペシャルを焼いて、WOWOWで放送されたMTRライブファイナルを焼いて、そして今、EXPO ARENA FINALを焼いています(キャー、キャサリンちゃんかわいい〜)。セルビデオでも焼けるものもあるんですね、よし、この調子でglobeやTMの古いライブビデオも全部焼いて千駄木に連れてっちゃうぞ。




2005/02/24 12:13  
数えてみました。

那々です。手持ちのCDを数えてみました。
かなりアバウトな計算でしたが、とりあえずアルバムから。小室関係だけで180枚くらい(うち、小室曲が数曲しか入っていないようなアルバムも15枚くらい)、ウツ木根カツGソロで20枚くらい、小室関係だけどコレクターズアイテムとして一応買っただけでまずきかないもの(「歌なし演奏のみ」のイージーリスニングCD、韓国土産の海賊版ベストetc)が25枚くらい、小室以外のアーティストのアルバムが、焼いたものも含めて100枚くらい(ただし、この中にも、二度ときかないようなのが15枚くらい)。
このうち、globe、KD、TMのCDだけは、パッケージごと持ってく。それ以外は、CD盤とブックレットだけを持っていって、プラケースは置いていくかな(iPodを買わない場合はね。買うんだったら、データを全部iPodにぶち込んで、ブックレットだけ持っていく)。
・・・アルバムだけで、概算すると約325枚。このうち、iPodに落とす必要のあるものは270枚あたりだと思います。
シングルは、小室関係の8センチシングルが約280枚、小室関係のマキシが約135、小室以外のシングルが約30。計445枚、と出ました。まぁ、シングルから放り込む容量としては、シングル一枚につき5〜20分くらいだろうけれども。
・・・・さて、20GBのiPodは、この容量に耐えられるでしょうか。

とか言っていたら、今朝!、ちょうどちょうど今日の朝イチで、40GBのiPodが廃止され、今後は20GBオンリーになるという発表が・・・(凹)。これは、一体なに?私に、早く40GBを買ってしまえという、神の声?




2005/02/24 02:40  
コナミかよっ!

那々です。とりあえず一言だけ・・・・麻美おめでとっ!待ち続けた甲斐があったよ〜〜!




2005/02/21 21:33  
マンガ読むなら大長編に限る!

那々です。バイトの帰りに、久々にX Singlesをちょっとききました。
「X」のライブバージョンに、凄まじく興奮しました。ヤバイ、カッコいい。私、こういうノリ、好きだ。
ちょっとヨシキについて勉強したいと思い、手持ちのXさんベスト(X SinglesとAltanltic Years)を引っ張り出してきています。Eternal Melody2も、場合によっては、買ってみるかも(3月にどれだけglobeの新作物件が出るのかにもよりますが・・・)。こないだのフールズメイトのヨシキインタビューを読んだら、なんだか結構面白そうで。
というわけで、ハチクに備えて(?)そろそろ、ヨシキについて本気出して考えてみる時期かなとも思う。ここ半年から一年くらい、彼に関しては思考停止してきたんだけれど。
・・・ただ、どこから語り始めたらいいかな・・と遡ってみたら、Xさんを語る前にまずGLAYさんを語る必要があることに気づいたりして(笑)。ヨシキへの道は長いです。とりあえず手近なところで、セイエニのきき比べレビューとかから。

最近の物欲。iPodがほしいかもしれない・・・相当高い物ですが。もともと半分こわれかけていたCDウォークマンを、鯖江で完膚なきまでに壊しきってきたので、今、高校生時代に使っていた古〜いAIWAのCDウォークマンを引っ張り出してきて使っていますが、どうにもこうにも使い勝手が悪いので、新しいCDウォークマンを買おうか、それとももうこの際思い切ってMP3とやらに手を出してみるか、と、ちょっと考えています。
買うんなら、容量的に見て、iPodの20GB。いや、この際、それほど価格が変わらないのなら、40GBでもいいかも。
ただ、見た目的には、iPodよりも断然iPod miniの方がカワイイ。実際に手に取ってみたけれど、このminiはとにかくカワイイ、そしてメタリックカラーがとてもキレイ。値段は・・・20GBのiPodと5000円くらいしか違わないのに容量が1/5(4GB)であることを考えると、普通のiPodを買った方がお得かな。
今、我が家にあるCDは、アルバムだけでも多分300枚?くらい。ただ、その中には、小室の曲が一曲収録されているという理由だけで買ってきた昔のアイドルアルバムとかもあるけれど(今井優子とか、CoCoとか・笑)。でも、それらを除いて、一枚まるまるきくCDだけを数えても、多分250以上はあると思うので。それから、ミックス違いやリミックスバージョンを求めて買い集めたシングルたちも、多分200枚くらいはあるんじゃないのかなぁ・・・。
40GB容量のiPodには約700時間分の音楽が録音できるらしいとききました。ということは、アルバムにして約700枚。勿論、今の私はそんなに大量のCDは持ってはいないけれど、20GBだと容量はその半分、CD350枚程度ということになり、これでは少々心もとない。それだったら、思い切って40GBかなぁ、と。

時間が出来たので、久々にBASARAを読み返しています。田村由美の長編マンガBASARAは、プロフィールページにも書いたように、私的名作認定書物なのですが・・・実は名作認定しているわりに、最後までは読んでいなかったりして(笑)。本編全25巻中、24巻まで読んであって、25巻も買ってあるんだけど・・・・最後まで読んでしまうのが(自分の中でBASARAを完結させてしまうことが)勿体無いのと、最終巻を読むときには改めて1巻から通して読み返そうと決めていたのとで、なかなか最終巻に手をつけられずにいたんです。
で、ようやくのんびりできるようになってきたので、またアタマから読み返し始めました。
そうしたら、もうボロ泣き。第一話の、更紗が髪を切る(殺された兄の身代わりとして生きることを決意する)シーンで、いきなり泣きます。毎回ここは必ず泣く。今日、「オルフェウスの窓」復刻版のキャッチフレーズで「全巻通して10回は泣けます!」というのを見たんですが・・・甘い!私はBASARAを読みながら、ほぼ二、三話に一度のペースで泣いています。電車の中では読めません、すぐウル目になっちゃうから。
結構有名な作品のわりに、適当な作品紹介ページが見つからないのですが・・・あらすじとしては、
舞台→文明が荒廃した近未来。国王一族の圧政に苦しむ日本。
ヒロイン→「運命の少年」と呼ばれる革命家タタラ。実は、王族に殺された双子の兄タタラの身代わりとなって男装している少女・更紗。王族を倒して自由で新しい国家を作るため、仲間と共に日本各地を戦い歩く。恋人・朱里の前では女の子で通しているが、普段は男装している。
ヒーロー→更紗と偶然に出会い、恋に落ちた青年。更紗の前では「朱里」と名乗っているが、実は国王の末子「赤の王」(更紗の住む中国地方を統治している)。逆らう者は容赦なく切り殺す残忍さ(更紗の兄を殺したのも、「赤の王」だった)と、都の住人を愛し慈しむ優しさとを併せ持つ。野心家で傲慢でオレ様でカッコいい(笑)。旧弊的な政治制度を嫌い、父王を倒して新しい日本の統治者になろうと考えている。
ポイント→更紗と朱里は、互いの正体を知らないまま出会い、愛し合うようになった。しかし更紗は「赤の王」を家族の仇として追い、朱里は自分の統治計画を邪魔する「逆賊タタラ」を討とうとする。互いの正体がバレそうでなかなかバレないところに、ハラハラドキドキ。
・・・こんな感じかなぁ。脇役キャラたちもすごく魅力的で(私は、女装の踊り子さん・揚羽と、姐御肌の女海賊・茶々がご贔屓)、大長編なのに全く退屈させません。オススメっ。




2005/02/16 15:00  
カチューシャとか歌いたい。

那々です。福井では、「うたごえ喫茶」が現役で営業しているのを見つけて、顎が外れそうになりました。ちょっと行きたかった・・・。

昨日もちょっと書いたけど、私の中では、今、globeは「第六期」です。
第一期→デビュー〜アルバムglobe(シングル的には、フィーライ〜イズディス)。明るくて前向きでキャッチーな、売れ売れダンスポップ。「三人」を強調するためか(?)、マークのラップが多い。
第二期→アルバムFACES PLACES〜クルレコ(シングル的には、FACE〜バイリン)。ケイコが一皮剥けて、ロック魂を突然炸裂させ始めた時期。マークも作詞を初めて、どんどんダーク化。金髪サイコー!ネガティブ上等!
第三期→featringシリーズ〜アルバムouternet(シングル的には、featring×3枚〜トライシュー)。トランス模索時期。メンタル的には、小室&麻美がラブラブだった頃なので、詩が明るい。小室がKDに全力投球していたためか、globeにはわりとアッサリした曲が多い気がする(木根との共作もあるしね)。トライシューとStop!とで分けた理由は・・・・・・お察しください(ヒント→略奪愛)。
第四期→アルバムLights&Lights2〜9/1直前(シングル的には、Stop!〜オバレイ)。トランスを小室なりに消化して、「歌モノトランス」を成立させ始めた頃。小室&桂子の「秘める愛」(苦笑)を反映して、ダークな詩の世界。マークも曲作りを始め、ダークさに更に磨きをかける。
第五期→9/1事変&結婚〜LEVEL4〜2004夏ごろ(シングルseize〜ゲリオン)。「globeという三角形」の崩壊と再構築への努力時期。globeとしては、ヨシキからの影響と結婚の喜びとで、ネガとポジの間を激しく揺れ動く。小室&桂子の夫婦活動が増え、「ハブ」のマークは245へ没頭。
第六期→decadeプロジェクト(2004年後半〜)。ヨシキ込みでの「再構築」ではなく、とりあえずの「復元」を試みた時期。第五期と違って、ヨシキからの影響はゼロに等しいと思われる。
第七期→2005年ハチク以降=ヨシキ合流後???

・・・後半がちょっと小刻みに分けすぎたかな。まぁ、2002年以降は、怒涛の3年間だったから(そんなに新作も出してないくせに)。
第五期のとこにも書いたんだけど・・・・私はずっと、9/1事変と10/7事変を同時期に決行したのは、完全な戦略ミスだと思ってたのね。でも、音楽的に見ると、ヨシキのダークな世界観と、結婚に伴うラブラブ〜☆な雰囲気とが、ちょうど相殺しあって、結果的にはうまくバランスを取ってくれたようにも思う。シングル曲でいうと、seizeは完全にヨシキワールド、コンパスは完全にラブラブワールドなわけだけど、LEVEL4全体のイメージは、ダークすぎずハッピーすぎずで、いいバランスに収まっているような気がするのね(勿論、アルバム全体がネガ寄りかポジ寄りかときかれたら、ネガ寄りの曲調が多いけど、globeの音楽自体が元々ネガ寄りだから、過去のアルバムと比較してみたときに、LEVEL4だけがそれほど突出してネガに走りすぎているわけではないよ、という意味)。ヨシキはLEVEL4に書き下ろし曲を提供しなかったし、レコにどれだけ参加したのかも怪しいところだけれど、ミーティング(?)やらボーカルディレクションやらなにやらを経て、ヨシキの持つ「雰囲気」や「音楽観」みたいなものは、globeに影響を与えていたのかなぁ、なんて。

・・・あっ、しまった。ヨシキ加入=第六期だったら、『だから、ヨシキは、「ロッキメン」である。しかも、道重さゆみや亀井絵里のようなポッと出の新人メンバーではなく、ソロとしてのキャリアがあり、低迷したグループの活性剤としての責任を背負って入ってきたミキティである(結論)。』とか書けたのに(笑)。ゴキメンか・・・ゴキメンだと、誰だろう・・。





2005/02/16 03:14  
ルコック解禁。

那々です。サイト再構築に続いて、さらにコンテンツ更新をしました。TRANSLATIONにSHOCK INSIDE MY BRAINの和訳をアップ。そして、リンクページも更新しました。互いに「自分のとこよりも文章の多いサイトがあるなんて!」と驚きあった(笑)、JINさんのサイトへのリンクを貼りました。とにかく文章量が半端じゃないので、読み始めるときは、もう徹夜覚悟で挑んでください(笑)。

ところで、GVDボックスの特典がなくなったんですって?ファンからの要望が反映されたと考え喜ぶべきか、そんなに簡単に前言撤回するなよ見っともないと捉えるべきか。とりあえず、お蔵入りになったエピソード10がどこに収録されることになるのか気になります。
マーリガンのQ&Aコーナーに関しては・・・・鯖江にいた上に、私はもともとマーリガンにはあんまり近づかないようにしているので(なぜ近づきたくないのかについては、また追い追い)、しばらくの間、何が起こったのかを全く知りませんでした。後からだーっとQ&Aをまとめ読みしましたが・・・なんとも胸が痛い。色んな意味で、痛いなぁ。とりあえず、マークと小室の関係がこれ以上こじれないよう、祈るだけです。

マーク関連でのニュースと言えば。私が鯖江で修行僧ライフを送っている間に、ルコックで、マークの写真が解禁になりましたね。私のデスクトップでは既に、マークがフリスビーをくわえています。脚ほそ〜い。そのまま背景にすると、デスクトップアイコンの羅列でマークの姿が見えなくなってしまうので、左右反転させた写真を背景用に作って、それを使っています。
そういえば、私は、今年のお正月に原宿にセールに行ったとき、たまたま原宿駅の構内で、ルコックの宣伝ディスプレイを見つけたんです。そこには、現在ルコックサイトのトップに載っている写真のポスターが貼られていました。私はそれを見て、「むっ!これ、もしかしてマーク!?」と思い、とりあえず写メっておいたのですが、この写真があまりにカッコよすぎるので(笑)、これもしかしてマークとは別人なんじゃないのかと思ってしまい、「マークじゃない人の写真に向かって『マークカッコいい〜』って言ってたら恥ずかしい」との思いから、ずっと胸にしまったまま忘れていたんです。だって、ツアー中のマークのイメージとは全然違ったんですもの・・・。
しかし、結局あのカッコいい人はやっぱりマークだったということを知り、自分の審美眼に狂いはなかったのだなと実感し、マークマニヤとしての自信を新たにしました。

マークと言えば、ひそかにこんなお仕事も。でも、エキサイトに操立てしなくていいの!?と、ちょっと心配になりました(笑)。
このニュースは、鯖江にいるときにponちゃんからのメールで知ったのですが、ponちゃんが「マークの髪が短い!デビュー時よりも短い(涙)!!」と打ってきたので、激しく動揺しました。・・・よく見たら、これはLights2のころの写真の使いまわしでしたね、安心しました。

それから、鯖江の本屋で、キィマガFOOL'S MATEを立ち読みしてきました。
キィマガの方は、表紙の小さな写真を見ても分かるんですが、「小室、顔が変わったなぁ・・」としみじみ思いました。なんか、えらい老けて映ってる。そして、特に表紙の写真、えらく顔が丸くなったように見える。ライブで見たときはあんなにかわいかったのにっ。でも、目つきが険しくて、真剣な表情で機材を操る姿は、やっぱりカッコいいです。
FOOL'S MATEには、ヨシキのロングインタビューが掲載されていました。こちらに関しては、ちょっと長くなるかもしれないので、また明日。

雑誌関連でもう一つ。今日、nutsというギャルファッション雑誌を立ち読みしていたら、「懐かCDセレクション」という小さなコラムで、「あの頃はやったけど、そういえば今はどうしてるの?なCD」として、ドラゴンアッシュとTina、そしてTKDが紹介されていました(写真は、AFRiCAのジャケット)!「こむ系:トゥルーキスディスティネーション ○バちゃんが在籍していたdosのダンサー・麻美ちゃんと、てっちゃんが、手をつないでます。(中略。麻美の声が透き通っていて綺麗、とかいう内容)・・・そういえば、てっちゃんって最近何をしてるの?」ですって。バリバリ黒肌お姉ギャルを対象にした雑誌で、「てっちゃん」とかいう言葉を見るとは思いませんでした。編集の人が、小室ファンなんでしょうか・・・「こむ系」という書き方も、なんとなくかわいい感じがします。
そういえば、麻美のソロシングルはavexから出るっていう噂をきいたんですけど、本気ですか。おいおいおい、小室どころか桂子まで所属しているレコ会社を選ぶなんて、麻美ちゃん凄い度胸だなぁ。あ、それとも逆に、小室が口利きしてくれたとか?
でも、これは個人的な感覚かもしれないけれど・・avexってヒップホップに強いレーベルっていうイメージじゃないと思うんですよね・・・クラブ/ダンスミュージックの中でも、トランス・ユーロ・テクノハウス専門で、逆にブラックミュージックについては疎そうなイメージ(まぁ、m-floやMISIAが在籍しているのだから、最近はそんなこともないのかもしれないけれど)。今、メジャーレーベルでブラックミュージックに強いところってどこだろう?ソニーとか?

そんなavexのブラックディーバと言えば、アム。コムテツ歳時記のために各アーティストのファンサイトを見て回っていたら、アムの新曲が車のCMソングに使われているらしいことを知りました。ニュースソースはこちら(右側の、LATEST NAMIE'S NEWSより)。タイトルは「Queen of Hip-Pop」ですって。素敵な曲名だわ。要チェック。




2005/02/15 13:10  
買わずに語るシングルベスト。

那々です。おかげさまで、無事に本免を取りました。でも、四月に東京に引っ越すので、すぐに住所の書き換えをしなきゃ。
しかし、免許って、更新のたびに免許センターに出向いて講習を受けなければならないんですね。知りませんでした。てことは、マークや小室たちも、誕生日の前後には鮫洲に現れたりするんでしょうか。って考えると、ちょっとドキドキしますね(←?)。まぁ、更新期間は「誕生日の前後一ヶ月間」とのことなので、11月生まれの小室とならともかく、2月生まれのマークと12月生まれの私とでは、更新期間が被ることはないのですが(笑)。

さて、福井で二週間修行僧のような生活をしている間に、俗世では色々と動きがあったようですね。というか、今日がシングルベストとボックスセットの発売日であることを、さっきまで忘れていました(笑)。ボックスはともかく、シングルベストは買おうかどうしようか迷い中。撮り下ろしの写真とか入ってるの?どうせ入ってないでしょ?ジャケデザインにも特に惹かれないし・・・。収録曲を見たところ、ライカプライアとインスパが入ってるのがいいね。インスパは私的に超名曲だし、それ以上に、ライカプライアのシングルバージョンにようやく日の目が当たるのがとても嬉しい(笑)。みんな、アウタネ収録のアルバムバージョンのイメージしかないと思うので、ぜひこれを機会に、ライカプライアのシングルバージョンを、正座してきき直してみてください。
収録曲に関して不満なのは、What's the justice?がないことですね。まぁ、これはインスパやライカプライアと違って「両A面」シングルじゃなかったし、第一ライトユーザー層を狙ったベストを出して新たなglobeファンを獲得するのだったら、ワッツをきかせるのは逆効果(!?)になりそうですしね(笑)。
それから、個人的には、ディスク2とディスク3との境目の不満。ディスク2をbiting her nailsまでにして、「とにかく無性に・・・」からはディスク3に収録してほしかった。まぁ、これに関しては、ディスク容量の問題だから、どうしようもないことなんでしょうけれども・・・私の中では、バイリンまでが(アルバムで言うと、クルレコまでが)第二期globeで、とにムショから(アルバムで言うと、アウタネから)第三期globeが始まったイメージなので、その前後で、ディスクを分けてほしかったなー。ディスク1とディスク2との切れ目は、ちょうどアルバムの切れ目(FACES PLACESとラバゲ)で分かれていて、良かったんだけれど。
あと、やっぱり、最後の最後が「get it on now feat.KEIKO」なのは、なんとなくすわりが悪い気がする。一般の人がこのアルバムを手に取ったら、「なんで最後だけfeat.KEIKOなの?これだけソロ曲なの??」って疑問に思う気がするもん。そう思われないためにも、最後にJudgementでも入っていたら、サイコーだったのにねぇ。
と、買ってないくせに色々批評していますが(笑)、なんと、今になって、FACEだけニューリミックスバージョンで収録されているという噂を耳にしました!えっ!ほんとですか!シングルc/wバージョンとかでもなくて、ほんとに未公開のニューミックス!?買う買う買う買う!どんなふうになっているんだろう・・・激しく気になります。

ところで、密かに、サイト全体を構築し直しました。リンクページもプロフページ日記の過去ログも、それぞれ別々にディレクトリを作って、スッキリと整理しました。不要なファイルもたくさんアップされていたので、一つひとつ中身をチェックしながら削っていったのですが、結構、書きかけのままほったらかしてあったファイルがあったので、自分への更新意欲を促すためにも、書きかけのままアップしたりしています。
さらに、それぞれのページに書き直しや書き足しをしたり、古いファイルへのリンクを切ったり、背景&レイアウトを統一したり、スタイルシートを入れ直したりと、newアイコンのついていないページでも色々といじくっています。「リニューアル」とまでは行きませんが、地味に頑張りました。
というか、読み返しに耐えるのは、一年前の文章までが限度だということが分かりました。それ以前の文章、自分で読んでもむかつきます(苦笑)。あんまり苛々するので、とりあえず各ファイルに検索をかけて、「那々さん」という一人称は全て問答無用で「私」に置換しました。サイト開設したころの文章なんてもう、なんとも言えず馬鹿っぽすぎて、泣けてきます・・・。
さて、これから、コムテツ歳時記のデータの入れ替えに取り掛かります。




2005/02/14 03:46  
ウソトラベル。

那々です。韓国へ旅立ったと見せかけて、実はずっと千葉にいます。
韓国合宿、みんな行くもんだと思っていたら、実は参加するのは三年生がメインで、四年生は男子が一人行くだけだときいて、なんとなく行く気がダウンしてしまいました。ずっと免許合宿に行っていたためにディスカッションの打ち合わせに全然参加できなかったし。
というか、この合宿は、日程前半でディスカッションを集中的に行い、後半は韓国観光やレクがメインになるんです。で、私は家の都合で、どうしてもフライトが12か13日、下手したら14日辺りになってしまうので、ディスカッションの終わったころに行って観光だけしてもしょうがないか・・・という感じがしてしまって。
学生最後の旅行として観光だけでも楽しめばよかったのかもしれないけど、マンション契約の件やらなにやらが忙しくて、色々考えた末に不参加にしました。

とりあえず新居の契約が済みました。春から千駄木です。今日は、免許の本免試験を受けてきます。脱・仮免!受かりますように・・・。




2005/02/08 15:22  
ただいま。

那々です。千葉の我が家に戻ってまいりました。
昨日は、午後7時半過ぎに東京に降り立ち、一時間ほど遅刻しましたが馬場で追いコンに参加し、そのまま二次会のカラオケに直行。一晩呑んで喋って歌って踊って、今朝七時半にぐったりと帰宅しました。ちょっと眠って、一度起きましたが、また寝ます。おやすみなさい・・・(zzz)。




2005/02/05 14:42  
あと三日。

那々です。思えば私は、補助輪が取れるまでにも、人一倍時間のかかる子供でした。
思えば私は、自転車が乗れるようになった嬉しさに、小学校から帰ってくるとすぐに自転車に飛び乗って、自宅マンションの周りをひたすらぐるぐるぐるぐる周り続けるような子供でした。「よし、今日は10周も周った!」って、同じ景色を見ながら同じ道を走り続けて、一体何が面白かったんだろう。友達のいない一人っ子はこれだから・・・。

24日のライブについて。もうあんまり覚えていないのですが・・・えーっと、ケイコ先生のラストMCは、「私たち、globeっていう名前で、良かったなぁ・・・って思います」でした。地球スクリーンの「LOVE & PEACE ONE WOLRD」の文字と、ライツブロートのピアノと、ケイコのこの言葉と。全てが重なり合って、すごく感動的でした。
そういえば、地球スクリーンに世界地図が映されているとき、右上部分に、赤いスポットライトが当たっていることがありましたが、あれは、アメリカを照らしていたのかな?たしか、テッカンのブログに「TKのアイディアで、急遽・・」とか書いてあった気がする。
映像と言えば・・・本公演と追加公演で、ほんの少し変わりましたね。基本的には本公演と同じなんだけど、ところどころ「あれ、これ初めて見る絵だな」っていうのがありました。
あと、これは東京公演だったかな・・・追加のどの日のMCだったか忘れたのですが、ケイコが「もう新曲もたくさん作ってるんで!」と言うと、観客は大喜びし、マークは「へぇ〜そうなんだ〜」といつものようにすっとぼけて見せます。するとケイコが、「『そうなんだ〜』って・・・知ってるくせにィ?ねぇ、マークちゃ〜ん」って言ったんです。ケイコの「マークちゃん」呼びがナマできけて、嬉しかったです♪GVDの「二年前から冷たいんですよ」のシーンでも、ケイコが「私にツッコまれると、しゅんとなるんだよね?マークちゃん」って言ってましたけど、この言い方は「姉弟!」って感じがして、すごく好きです。というか、「姉弟」を通り越して、既にラブいです。

24日は、地元大阪のJINさんやゆーさん、そしてジャンおじさんファンのかなつきみやとさんがたとも久々にお会いできて、あぁ、大阪に来たんだなぁ〜と実感しました(笑)。
ライブ後は、JINさんと二人で小室マニヤ談義。とんぼりで評判のラーメン屋でお食事して、その後カラオケ館に入ったものの、一曲も歌わずに、ひたすら小室話(笑)。歌も入力せず、ライトもつけっぱなし、そのうちカラオケ機材の音も全部消して(入力しなくても、ずっとCM映像が流れていて煩かったので)、ひたすらひたすら小室話。
JINさんもご自分の日記で仰っていたけど、ほんとに、「『虹色のオーラ』っていいですよね!」と言って賛同を得られる人(しかも男性)がいるなんて・・・(感涙)。
しかし、マニヤ同士で話がかみ合うかと思いきや、
「What’s the justice?はglobeイチの名曲や!」
「え〜〜〜!?本気ですかぁ?」
「そういう自分はどんなのが好きなん?」
「like a prayerは一時間ブッ続けでリピートしても飽きません」
「それオカシイよ!」
ていう具合で、マニヤはマニヤなりのマニヤックなこだわりがあるため、他のマニヤと決して相容れない部分もあったりして(笑)。どっちもどっちな気もしますが。
いやぁ、楽しかったです。あんなに楽しいカラオケ(←違うけど)は初めてでした。
25日についてはもうあんまり触れたくないのでキロクもキヲクも削除。
26日は、教習が終わってすぐに特急に飛び乗って、再び大阪へ。クラブイベ参加ももちろんですが、行きがけに大好きな551蓬莱の豚まんが食べられてよかったです(笑)。合宿の帰りは大阪へ寄らずに帰京しなければならないので、あの豚まんをもっと買いだめしておけばよかったと後悔しきりです。

なんだか、今回のツアーは、全体的にばたばたした参加だったなぁ、と、今振り返ってみて思います。全国各地を飛び回ったせいもあったし、大学のスケジュールとバッティングしたせいもあったし、コス衣装作りに忙しかったのも勿論原因だけど、とにかく会場に到着するのがギリギリだったり、開演ギリギリまでウロウロしていたり。24日なんて、会場入りしたのは6時45分過ぎていましたからね、開演が押していてほんとうに助かりました。
コス衣装は、本公演の東京公演あたりからほぼ完成し、同時に私の羞恥心も薄れてきたので(笑)、堂々とそのへんを歩けるようになりましたが、着たり脱いだりクロークに預けたり・・が非常に慌しいので、結構たいへんでした。脱ぐのはともかく、会場前で装着しているところを人に見られるのが、ものすごく恥ずかしかったんです(笑)。
武道館とかね、そのくらい敷地の広いところなら、早くに行って着替えてしまえば、敷地内をウロウロしていてもあんまり変じゃないかなぁと思うんですが(NHKホールもまぁ広い方か)、会場敷地が狭いところは、居辛さ度がグンと上がりました(大阪フェスとか・・オフィス街のど真ん中のビル二階ですから)。
でも、やっぱり、すれ違った人が「おっ!?」という顔をしてくださるのが、すごく嬉しいんですよ。最初は、「何のコスだか分からない人も多いんだろうな〜」と不安に思っていたのですが、実際には結構分かってくださる方が多かったようで、ホッとしました。国フォのファイナルでは、公演後に「写真撮らせてください」とまで言われて、すっごく嬉しかったです♪作った甲斐がありました。
せっかく何ヶ月もかけて作ったので、この次のツアー(ハチク以前にあるのかな・・?)でももう一度着たい、願わくばもうちょっとゆっくりと着てのんびりと歩き回りたいです(笑)。でも、何回も同じネタを引っ張るのもつまらないし、夏には絶対着れない衣装なので、時間があれば、また新しい衣装も作りたいなぁ・・・なんて夢想したりしています。金ライとか(笑)。ヘアカラースプレー、エクステ、白スーツ、スカーフ、くらいでできるので、まぁRelationに比べたら手軽です。・・・あ、でも、金ライをglobeのツアーに着ていくのはヘンか。

とりあえず、明後日が卒検で、それが終わり次第またJRに飛び乗って、一路東京まで戻ります。訳あって、その日の追いコンにはどうしても出たいので(切実)、一発で受かるよう、がんばります。