那々の日々。常にギリギリリミット。 

就活一色になりかける2月編。





2004/03/31 11:18  
イージーリスニング。

那々です。今更ですが、やっとTMの新譜を手に入れました。遅すぎます。
電車の中でうとうとしながら通りいっぺんきいただけなので、まだなんともいえないのですが・・・とりあえず、意外にツボったのがタイムトゥと「君がいる朝」のリミックス。nuworldもけっこうカッコいい。come closerも悪くないです。スクリーン〜はちょっと冗長だけど、終わり方が意外にすっきりしてて、いいと思いました。
イマイチだったのは、ラブトレリミックスと、唯一の書き下ろし歌曲。後は、可もなく不可もなく、という感想です。正直いって、そんなに繰り返しききたいとは思わない。
全体的に、ウツの声を生かしきれてない感じがしました。ウツの声はウェットだから(褒め言葉)、カラリと明るいトランスには合わないと思うんですよ。で、そこに無理にトランスを持ってこようとしちゃったから、中途半端に鈍い音色になっちゃってる気がしました。
あと、木根さんの影が薄かったです。書き下ろしもないし・・・ただ、きいてみて、あらためて「君がいる朝」は名曲だったんだなぁと今頃気付きました。コーラスが素敵でした。
うーんと・・・ぱっときいたファーストインプレッションで採点すると、10点満点中3、4点くらい。もっと低いかも。
くわしいことはまた今夜くらいに書きます。今日、もうちょっとききこんでみる。



2004/03/22 22:26  
ファッションチェック。

那々です。もうみんな知ってる写真だと思うけど、これ、かわいい。かわいいなぁほんとに・・・この旦那。最近のコムのビジュアルはかなり私好みです。伸ばせ伸ばせ髪とヒゲ。
ケイコは、ふわくるパーマだと女の子っぽすぎちゃう気がして、金髪ストレートが個人的には好きなんですが、この衣装はかなりおいしいですね。去年の年末に徹子の部屋に出たときは、マニッシュを通り越していて、ジョージアラッパーズのCMを初めて見たときと同じような言葉に出来ない苦々しさ(笑)を感じたものですが、女の子らしい超ミニスカにネクタイという男もののアイテムを合わせるのは、いいコーデだと思います。でも欲を言えば、ブレザーがかっちりしているので、ネクタイはもう少し細身のデザインのものでもよかったかも。
この夫妻、実際のところは「何しにきやがったんだ・・・」とトリニータファンから冷ややかな目で見られたとか見られなかったとかききましたが(苦笑)、だってよく考えたら、小室ってTMでベルディの応援ソング作ってますしねぇ。GABALLではヒデのテーマソング(?)も書きましたしね。
しかしとにかく、高校生同士のカップルのようなほほえましくかわいらしい感じがします。自分たちが「付き合ってる」っていうこと自体が嬉しくてたまらなくって、ついついはしゃぎまくっちゃってるような・・・。

ところで、ようやっと245を買ってきました。数寄屋橋のHMVに一枚だけおいてあったのを、電話確認して取りに行きました。ちょうど今一曲目をきいているので、感想はまた後で書きますが、とりあえずタイトルや歌詞がマークのセンス丸出しで、ちょっと笑いました(悪い意味じゃなくて)。Your colorとか「いつまでも なにげなく 君のために」とか、いかにもマークだなぁ、と。とりあえず一曲目の音やボコーダーボイスは、2000年ごろに買ったジャンおじちゃんのアルバムに似た感じだなぁ。



2004/03/21 03:36  
年に一度のお楽しみ(?)。

那々です。昨日、成績発表がありました。今はネットで成績が調べれるんですね、いい時代です(でもちゃんと親元にも郵送されてくるらしい)。
おかげさまで、三年間の大学生活の中で、いちばん良い結果を出せました。授業にちゃんと出た甲斐、加点レポートを書いた苦労が報われたというものです。ほんとに嬉しい。マジ嬉しい。

TMのシングルについて語ろうと思ってるうちに、もうアルバムの方が出てしまいますね。多分、SCREEN〜は単発できくよりも、アルバムの中の一曲としてきく方が味わいがあるんじゃないかと思います。しかもアルバムの冒頭だしね、「あぁ〜ここからでっかい物語が始まるのね〜!」という感じがしそうな気がします。アルバム、楽しみだなぁ。

ところで、245のデビューアルバムが発売になりましたね!実はまだ買えてないんですが・・・地元にはおいているはずもなく、先週一週間は東京に出て行く暇もなく(本当なら手渡しで受け取らなきゃいけない成績発表にも、出向く暇がなかったくらい)、エントリーシート書きの為にカンヅメにされていたので。
hogからハガキも来ましたね、「限定店舗での発売となります」って本当ですか?レーベル、カッティングエッジでしょう?限定っていうんなら、どことどこで扱っているのかちゃんと教えてくださいよ。明後日共同通信の面接を受けに出かけるので、ツタヤや新星堂やらに電話して、どこの店舗に在庫があるのかしっかり確認してから行ってこようと思います。
しかしハガキの「セレブな表参道系ドライビングサウンド」とはなんぞや。表参道系・・・オサレだということですか?コジャレてる、って意味ですか?スタイリッシュでアーバンなライフスタイルを提案するシティライクなセレブサウンド、ですか?ちなみに私は新宿系(アルタ方面)で原宿系(渋谷は嫌い)で神保町系でアキバ系です。電気街を歩いていると安心します(←GLAYの尚さんのようだ)。
それから、「世界初!プロモーションビデオは能楽界の重鎮、梅若六郎氏とのコラボレーションによる”能”の舞」とあるんですが・・・踊るの?マークも?だったら見たい!和服なマーク、見てみたいです。
正直言って245は、ちゃみさんの(ギターの腕はともかく)ビジュアルが非常に苦手なので、もう一人のメンバー・DANDANことダニエル氏に期待しています(笑)。所詮面食いです。245のオフィシャルページを見る限り、黒髪くるくるの濃ゆい顔立ちで、ジャンおじさん系かな?確かモロッコ系フランス人・・・とかきいた覚えがあるんですが・・・プロフィールはよく分からないや。
ところで、avexの方の公式ページに、三人並んで写っている写真がありますが、あの背景は、去年の暮れに245がDJライブをやった渋谷のルイードですね。マークのビジュアルもあの時のライブと似ています。ひょっとしたら、ライブの夜に撮ったものなのかも、と思いました。

GLAYさんと言えば、仮眠取っていたら、企業説明会に行った先でGLAYさんのフィルムコンサートを見せられるという(しかも周りが興味なさげに騒いでいる中、テルさんの絶唱に一人で大感動している)夢を見ました。会いたいのかなぁGLAYさん。そういえば、GLAYさんのニューアルバムはTMと同発ですね。去年も二枚組みのレア音源集がTMの「キヲクとキロク」とぶつかっていましたっけ。



2004/03/16 04:06  
ビジュアルショック。

那々です。先日、ジャンプな出版社の筆記を受けに行きました。時事問題の中に、「次の四人のタレントのプロフィールのうち、誤りがあるのはどれか」という問題がありまして、選択肢が、
1、山咲トオル
2、カリヤザキショウゴ(漢字が分かりません)
3、おすぎ
4、KABA.ちゃん

でした。個人的にはここに金子貴俊くんも加えたいところですが。私は最近の芸能界にうといので、KABA.ちゃん以外の人たちの経歴なんて全然分からないんですが、とりあえず、KABA.ちゃんのプロフィールである「小室哲哉プロデュースのダンスユニットdosでダンサーとしてデビュー。解散後に振り付け師として、SMAPの『世界にひとつだけの花』などを担当」というような記述については、確信を持って「誤りなし」と答えられます。
きくところによると、その前日に行われたドラえもんの出版社の筆記では、「KABA.ちゃんが以前に所属していたユニットはどこか」という問題が出たそうです。
最近はKABA.ちゃんの経歴の話で「dos解散後〜」という言葉をよく目にするんですが、dosは、形式上はいつ解散したんでしょう?アルバムcharteredの後は、何も出していませんよね・・・?「解散」というか・・・「流れ解散」

ところで、今日隣町の中古屋に行ったら、Xのアルバム・ビデオジャケットのテレカが二、三十枚並んでいました。一枚500円でした。まぁ、仕方ないわね、今はテレカ全体の価値た暴落しちゃってるから・・・と思いながら苦笑いしていたら、その上を行く物件がありました。
ペニシリンのテレカ、一枚300円(勿論未使用)。
アーティストグッズとしてじゃなくて、普通にテレカ=金券として買ってもいいですか!?っていう値段でした。ファンに失礼だから買いませんでしたけど。
そこの中古屋は、元からわりとビジュアル系のグッズの品揃えがよくて、それこそXの鹿鳴館ライブのビデオだとか、GLAYの無限のde-jave海賊版ビデオだとか、そういうファン垂涎の品物が置いてあるようなところなんですが、今日久しぶりに行ったら、Happy Swing(GLAYさんのファンクラブ。ほのぼのとしたFC名は、とてもビジュアル出身のバンドとは思えない)の会報が20冊くらい積んであって、ビックリしました。これも一冊500円均一。転売したら相当な額になりそうな気がしました(笑)。

Xといえば、ヨシキがどこかのサッカー場に現れたそうですね。フィールドに出ていって、選手と握手している彼の写真を見たのですが、9.1事変の時と全く変わらない姿で、とても驚きました。
一年半も経ってるのに、ビジュアルが変わってない!9.1以来ビジュアル的に進化も退化もしてないのは、メンバーの中では彼だけです(個人的には、マーク→進化、小室→少々進化、ケイコ→退化)。
まぁ、ずっと露出する必要がなかったから、無理にイメチェンし続けていく必要がなかった、ということもあるんでしょうけれど・・・たとえ露出がなくても、全然活動していない期間であっても、油断しているとすぐに髪を切りたがる(もしくは、剃りたがる)マークには、少しヨシキを見習っていただきたい!と説に思いました。

最近のマークは、髪を伸ばしたり色を抜いたり、あげくストパーまでかけているようで、非常に非常にカッコいいビジュアルになっているのですが、ここでちょっと目を離すと、また気まぐれを起こしてとんでもない頭にイメチェンしてしまいそうなので、常にオフィシャルサイトをチェックしては、近況写真のヘアスタイルを見るたびにホッと胸をなでおろしています。
・・・えぇ、今でも「とにかく無性に・・・」のテレビスポットを見た瞬間の衝撃と慟哭は忘れられません。「やめてぇー!」と叫びながら、バリカンの動く様に震えおののいていました。あれこそまさに、クライムオブビジュアルショック。



2004/03/11 13:17  
三題話。

那々です。「『まんじゅう、牛丼、曙』で好きなことを書きなさい(500字以内)」との課題が出ました。
相変わらず短く簡潔な文章が書けないので、最初に書いたら1200字くらいありました。それをつめてつめて切り詰めて、なんとか出来上がったのがこれ↓。

うとうとしながら店番していると、珍しく深夜に客が来た。
「牛丼一丁ね」
客の親父は、僕が牛丼を持っていくと話しかけてきた。
「学生さん?」
「はい」
「シクラメンって知ってる?」
「花ですよね」
「若い頃、恋人に贈ったんだ」
親父は急に語り出し、僕は話し相手をした。
「文学青年で、『朝露を飲み花びらを食べて生きる、妖精のような君へ』とか書き添えたら…怒られた」
彼は苦笑いで丼をかき込む。
「デリカシーがない!って…その後、悔しさを紛らわそうと勉強してる時に、突然謎が解けた。生物の勉強中にね」
「謎?」
「謝りに行って、許してもらったよ。無意味に見えた勉強も、色んな所で役に立つ物だと実感した」
成る程、親父は「役立たなそうに思えても勉強は大切」と言いたいらしい。その回りくどく不器用なメッセージに、僕は嬉しくなった。
食べ終えた親父がドアを開くと淡い曙の光が店内に差し込み、彼は朝日の中に消えていった。
僕は帰宅すると、植物図鑑を開いた。シクラメンは綺麗な花で、文学青年の詩的な告白にはぴったり…と思った瞬間、文字が目に入ってきた。
「シクラメンの和名:その丸い球根の形から『豚のまんじゅう』」

・・・切り詰めすぎでわけ分からないくらいそっけない文章になってしまいました。ちなみにTブーSの報道局です。
問い:主人公の勤め先はどこでしょう
答え:吉野家。松屋は不正解(松屋は「牛めし」であって「牛丼」ではないから)



2004/03/11 02:47  
教育現場の荒廃を憂う。

那々です。ちょっと怒りが収まらないので、見苦しいけど吐き出させてください。
うちのおかんは中学校の教師なんですけど、今日卒業式だったんですよ。で、二年生のおなごどもに、一部金髪だか茶髪だかが六人ほどいて、そいつらに「髪を染めないと卒業式には出席させない」と言ったら、教室に立てこもったらしいんですよ。
そこまではよくある(?)話かもしれないけど、おかんが引き戸に手をはさんで、「開けなさい!」と言ったら、金髪のうちの一人が、部屋の中からおかんの指先に、ライターの火をくっつけたらしいんですよ!
当然指先をヤケドです。おかんもさすがに切れて、「ふざけるな、診断書取って傷害罪で訴えるよ!」と怒鳴ったらしいですけど、もうきいていてあきれてしまいました。教育現場の荒廃ここに極まれりけり。きいていたら、こっちまで腹が立ってきましたよ。
おかんが手を冷やしている間に、他の先生が「おまえら、髪染めて卒業式に出るか、家に帰るか、どっちかにしろ」と選択を迫ったところ、彼女らの思うツボだったらしく、「じゃぁあたしたち帰るね!ミャハ☆」と六人そろって帰宅してしまったらしいです。なんておなごどもだ。
母はわざと大げさに包帯をぐるぐる巻きにして、明日彼女たちの親と会ってくるそうです。ていうかもう、我がママンになんてことしてくれるんじゃ!と私が彼女たちんとこに怒鳴り込みたい気分です。もう、先生って命がけの職業なんですね・・・。

TMの新曲について語りたいのですが、今実はKCOにハマっています。今頃ですが、レンタル落ちのマキシを200円で買ってきて、HUMANRACEをききまくっています。視聴したときにはあんなにつまんなくきこえたのに、フルできくとほんっとーにカッコいい!サビよりむしろメロがカッコいい。メロが三回目に繰り返されるところ(「いつも聳え立つ壁〜」の部分)で、三度上のコーラスとハモるところがめちゃくちゃツボで、イントロ〜サビ直前までを何度も繰り返してきいてしまうくらい好きです(笑)。
あと、ドリクリのカバーは、ケイコのボーカルがすごくきれいなのは分かるのですが、あれはむしろボーカル抜きでいいんじゃないかと。その分、全編バーバルラップ一色でいいんじゃないの?と思うくらいに、間奏部のラップがツボです。後ろの音もいいのでインストバージョンも楽しいですが、あの独特のラップが気に入りました。早口でスラングなので、歌詞カードを見ずにきいていると、何を言っているのかサッパリ分からないのですが(笑)、とにかく声の響きが心地いいんですよ。彼のラップ部分は洋楽感覚(?)できいています。
「海との友情」は、可もなく不可もなく、という感じかな。HUMANRACEの影に隠れてしまって、あんまりきく気が起きないです。クリスマスコーラスは、ドリクリに比べるとカバーとして芸がない・・・というか、あまりにまっとうなカバーすぎて、逆につまらなくきこえてしまいます。インパクト欠け。
このマキシ、発売当初から散々愚痴っていたわりにはかなり気に入ったので(笑)、そのうちレビューにまとめようかな、と思います。KCOプロジェクトへの泣き言も含めて(笑)。

それから、AIさんのマキシ「最終宣告」を50円で買ってきました。「アイ」さんじゃなくて、「エーアイ」さんの方です。スイシーのuh,uh,,,でアムと競演した女性ラッパーさん。威勢よく歯切れいい、ビッチなラップが気に入っていたのですが、ソロデビュー曲のマキシはがらっと雰囲気が変わって、ダウナー系のバラードでした。・・・本当にヒップホップテイスト全開なので、ブラック好きな人じゃないとキツい曲でした。個人的には、多分、次にきくことはないかと思います。ごめん、AIさん、もっとカッコいい、威勢のいいあなたが見たかったのよ。

あと、アクセスさんのCROSSBRIDGEを買いました。ブックオフで500円です。以前にマキシできいたedgeとespecially kissがすごく好きだったのですが、残念ながらespecially〜は収録されておらず。なんでだよう。
私は、アクセスさんのアルバムをまともにきくのは初めてなのですが(以前に一枚、旧アクセス時代のアルバムを買ったことがあるのですが、なんとなく性に合わずに、ほとんどきかず仕舞でした)、一緒に買ったKCOと比べると、「あぁ、音がまるっこいな」と思いました。
どちらが良い悪いじゃなくてね、小室の音の方は、細くて鋭くて切っ先尖ってる感じがしました。逆に大ちゃんは、ちょっと切っ先が丸くて、その分ファンシーっぽいというか、音がきらきらしてる。ききやすい音だなぁと思いました。
あと、大ちゃんはキックのリズムを一ひねりしてくれることが多いので、キックフェチの私としては嬉しいです(笑)。ただ「ダン!ダン!ダン!ダン!」と一辺倒のリズムじゃなくて、いちいち「ダン!ダン!ダン、ダダ、ダン!」とかにしてくれる細かさが好きです。
収録曲の中で気に入ったのは、SHAKE THE SUNRISE、MOONSHINE DANCE2002、「夢を見たいから2002」、AGAINST THE RULES2002、そしてやっぱりedge。リメイク曲ばっかり気に入って、大ちゃんごめんなさい(笑)。
SHAKEはサビよりメロが好きです、「街角のエゴイズム〜ム〜ム〜ム〜」っていうエコーがツボりました。サビはそんなに大したことないと思うんですが、全体的にテンポがよくてききやすくて、アルバムあたまに相応しい、ワクワクする感じの曲です。
MOONSHINE〜は、イントロのダサさが気になるんですが(せっかくリメイクしたんだから、イントロも今っぽくすればよかったのに・・・)、やっぱりサビがキャッチーで気持ちいいです。ヒロくんの声はハリがあって本当にきれいなので、特にこの曲なんてきいていて惚れ惚れします。
「夢を見たいから」は、唯一サビにきき覚えがある曲。かなりヒットした曲なんでしょうか。こちらもサビがすごくキャッチーだし、サビ入り直前の、「きたきたきた〜!」という盛り上がり感が好きです。
AGAINST〜は、原曲がどんなアレンジなのか知らないのですが、サブタイトルに〜AA trance〜とあるように、かなりトランシーです。それも、かなりサイトラ寄り。バックでループしているシンセのフレーズなんて、サイトラシリーズの収録曲ですと言われても違和感がないくらい、明るくて軽くてキャッチーです。サビの「Get ready So crazy」のリフレインで腕を振り上げて、ガンガンに踊りまくりたい。
edgeはシングルを買ったときにも語ったけど、「触れた指先に 触れそうなジェラシー」で一瞬息を潜めて、ワンテンポおいてからサビでガーン!とくる、あのメリハリ感がたまんなく好きです。イントロとかはシングルの方がキレがよかったかなとも思うんですが、やはりタイトル通りにedgeのきいた、ギリギリedgeなラインの上を全力で駆け抜けていく、疾走感あふれる曲です。
今までアクセスさんにはノータッチだったんですが、このアルバムは結構楽しめました。AGAINST〜なんて原曲ときき比べてみたいです。



2004/03/03 02:15  
氷枕を絶賛消費中。

那々です。熱が38.6度でました。
日曜日に、37度以上あるのを押して新聞業界フォーラムに行ってきたのですが、会場内でコートを着ていてもガタガタ震えるほどに寒気がして、メモを取りながら魂抜けてしまいそうでした。
というわけで、TMの新譜の感想はもう少し待ってください。

ところで、「ケイコは現在、大分に帰省中。しばらく山田家で過ごすらしい」という噂をきいたのですが・・・その話をきいて真っ先に頭をよぎったのは、「実家に帰らせていただきます」ではなく、

にんし○

の四文字だったんですが・・・・だだだ大丈夫ですよね?私の杞憂ですよね!?そうだと誰か言ってください・・・それにしてもマークの誕生日にも連絡すらしなかったらしい(多分)二人。もう、目の前に呼んできて正座させて説教したいです。