那々の日々。常にギリギリリミット。  

バースディライブ告知に悶々とする7月編。



2003/07/31 02:05  
泣きそうです。

那々です。マイディア・ダイナブック、ダイちゃんが壊れました(涙)。テストはもう終わったので、まぁ前回のようにテストの真っ最中に倒れられるよりはまだマシなのですが、実は私、今週末からゼミの合宿なんですよ。
で、今はそのレジュメ作りに必死になっているところなので、今ダイちゃんにダウンされるのは、結構イタイです。合宿先(とは言っても大学の構内に泊まるだけなんですけど)にもダイちゃんを連れて行こうと思っていたのに(涙)。
あのね、キィボードがおかしいのです。打てる文字はhとtとbとnだけ。それ以外のキィを押すと「ブー!」って鳴ります。何も入力できません。しかも、使っているうちに、タスクバーの表示がおかしくなってきたし。
なんだろうか、もしかしてウイルスかしらん?

というわけで、レジュメ作りの追い込み+ダイちゃん緊急入院+合宿のために、一週間ほど更新が止まります。来週末にはグッタリして帰って来る予定ですので、しばらくお待ちください・・・みんな、ダイちゃんが軽症で済むことを祈っててください(泣き笑い)。



2003/07/27 03:06  
Xメン。

那々です。テストは残すところあと一つになりました。しかも問題発表ありなので、もうレジュメを作っちゃいました。後はこれをひたすら暗記するだけです(笑)。

さて、昨日、ゼミのメンバーで横浜に行ってきました。来月、韓国の延世(ヨンセイ)大学というところから国際政治専攻の学生さんたちが十人くらい来日して、うちのゼミメンバーと合同合宿してディスカッションをするのですが、その合宿のメニューの中に「シティ・ツアー(というか要は観光)」というのがあって、それの下見をしてきたのです。
で、はるばる韓国から訪れた大学生を「ウェルカム日本!」と案内する先が・・・新横の、ラー博なんですよ(笑)。韓国の人がどれだけラーメンを食べなれているのか検討がつかないんですけど、かなり偏った観光メニューであることは、私もうすうす気づいています(笑)。なんでわざわざ横浜くんだりまで行ってラー博なんだろう。
まぁ、ともかく、私はラーメンが大好物なので、わざわざ朝から腹をすかせて、勇んで下見に行ってきました。建物自体は小さくて、中もすっごくゴミゴミしたせまっくるしい内装なのですが、昭和三十年代の日本を再現したというレトロな町並みが面白いです。当時の町並みを上手に再現してあって、壁には裕次郎の映画ポスターが張ってあったり、紙芝居屋さんが口上を述べていたり、昔懐かし駄菓子屋さんがあったり。下町情緒あふれるパノラマでした。
でね、その再現セットの中に、全国津々浦々から集まってきたラーメン屋が店を出してるわけです。私はとんこつラーメンラブなので、熊本ラーメン「こむらさき」というのを狙っていたのですが、結局札幌ラーメン「すみれ」というところで味噌ラーメンをハーフカップ食べただけに終わってしまいました(涙)。なんでもっと食わしてくれなかったんだろう・・・わざわざ腹ぺこにして行ったのに。山下公園を歩くよりも、私はもっとラーメンを食っていたかったよ・・・(涙)。

ところでこのラー博、博物館と名のつくとおりに、ラーメンの歴史が学べる資料コーナーもあります。ちなみに、日本ではじめてラーメンを食べたのは、水戸黄門らしいですよ(「へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜」)。その他、全国の名店のどんぶりがずらーっと展示してあったりして、なかなか面白いです。自分が好きなものだと、その歴史を学ぶのも楽しいですね。
で、その資料コーナーの一角に、凄いものを発見しました。日清プレゼンツ、X JAPANバージョンカップヌードル、です。もう一枚。うまく撮れてなくてごめんなさい、私の携帯ではこれが精一杯みたいです。一枚目の写真は、上下ひっくり返して見てください。五人それぞれの写真の下にXの文字が入り、その下にお得意の「crime of visual shock」だとか「Jealous〜〜」云々と書いてありました(カップヌードルなのに・・・)。蓋も胴体も色は黒。サイズは通常のカップヌードルと同じです。
説明書きを読んでみたところ、日清がXのコンサのスポンサーについたために作られた限定品らしいです。コンサ会場でファンに配られたんだとか。ドレスをひきずったヨシキコスや髪逆立てまくりのトシコスのお姉さま方がカップラーメン抱えて喜んでる・・・っていうのは、なかなか奇妙な光景だったでしょう(笑)。
ていうか・・・同じ日清の食品を使うにしても、何かもっと他のものは作れなかったんだろうか・・・と首をかしげてしまいたくなるような逸品でした(笑)。CAROLツアーのスポンサーにコカコーラ社がついて、TMの写真を印刷した紙コップをファンに配るのとはわけが違う。まさにビジュアルショックだ。

結局その日は、桜木町まで移動して赤レンガ倉庫を見たり、山下公園を歩いたりして、最後に中華街でご飯を食べて帰ってきました。去年のカテトラ初日以来の新横浜、楽しかった!今回は下見だったので、本番に行くときにはばっちり「こむらさき」を食べてこようっと。




2003/07/24 05:15  
どんな「計算」をしたんだろう・・・。

那々です。相変わらずとんでもない時間に更新するテスト当日です。今日は文学論のテストで、百人一首について語る予定です。でもその前に、午前中のうちにラフォーレ原宿のバーゲンに行ってきます(笑)。

先日、ゼミの先輩方と飯を食ったとき、とある先輩(雄弁会元会長、将来の夢は北海道府知事。すんごい博識)と私(元アニメヲタク、現小室ヲタク)と二人で日本の国際的地位に関して語らっていたら、先輩が突然言い出しました。
「僕、計算してみたんだけどね、日本のマンガ・アニメ産業は、純粋に経済学的効果だけ見ても、相当に世界的影響力を持つらしいんだ。しかもそれだけじゃなくてね、文化的影響力の観点から見ても、ポスト・ディズニー的な国際的ソフトパワー覇権になりうるだけの力を持ってる」
「ハァ・・・」
「こないだアメリカの経済雑誌を読んでたら、外国では、日本のアニメフィギアの人形を大企業の玄関口に飾るのが流行ってるらしいんだ。分かる?アメリカの最先端企業の入り口に、ミニスカートの女の子のフィギアがガラスケースに入れられて飾られてるんだよ!」
「カケジクとかアリタヤキをありがたがってるのと同じレベルなんですかね、もしかして・・・」
「だからね、日本は将来、国際政治的・経済的リーダーシップが取れなくても、少なくとも文化的リーダーシップは取れる国になると思う。いろいろ調べてみたんだけど・・・えぇっと、『萌え』、って言うの?これはどうやら、ジャパニメーションにしか存在しない要素みたいなんだよね。だから、21世紀の日本の文化は『侘び、寂び、萌え』の三つが重要になるんじゃないかと思うんだ!どう思う?」

どうもこうもないです。




2003/07/23 02:01  
deja-vu。

那々です。どーにもこうにも、大磯ロングビーチの曲にきき覚えがある・・・とこの数日悩んでいたのですが、今日、ハッと思い出しました。
wave of loveのイントロ!KDのあの曲のイントロの、ピアノのフレーズになんとなく似てる・・・気がするんですが、そう思ってるのって私だけでしょうか。私、実はAMARETTOをこの一年と4ヶ月の間封印したまんまなので(つまり、離婚のショック以来きけないままなんですよ)、どのくらい似ているのかはよく分からないですが、やっぱりどっか似てる気がする・・・。
ちなみに、over the rainbowのサビは、trfのdAnce to positive収録のアルバム曲、Let it go 〜trival dance〜とソックリだと思います。これは声を大にして言いたい(笑)。歌詞もおんなじだしね。

最近、頭の中で止まってくれない曲があります。HALCALIというユニットの「タンデム」って曲です。最初にきいたときには「ンじゃこのやる気のない歌はー!!」と腹立たしかったのですが(笑)、いつの間にか私の脳内で今週のダイナマイトチューンになっていました。中高生の女の子二人組みで、Puffyのおこちゃまバージョン、っていう感じなんですが・・・もうちょっとでも可愛ければなぁ(本音)。
それからもう一曲、「じゅん」(漢字分からず)というアーティストのMagic Timeという曲が気になってます。こっちはアーティスト名がよく分からない上にありがちな曲タイトルなのでデータが見つからないのですが、チープな打ち込みと癖のない(というか、「当たり障りのない」←ほめ言葉)男声ボーカルがききやすくてグッドです。初期のソフトバレエ(BLOODとかEscapeとか)にも似た確信犯的チープ感覚が、私のツボでした。

・・・実はこの二曲、両方伊集院光のラジオでかかった曲なのです。最近、伊集院のラジオから「むっ!これは!」と思う曲に出会うことが多いなぁ。




2003/07/21 23:48  
「水晶のような水飛沫」。

那々です。ケイコのCMは結構気に入ってます。最初に芸能ニュースサイトで写真を見たときには、「・・・みみみみ水着ッ!?!?(鼻血)」と興奮してしまったのですが(笑)、さすがに違いましたね(当たり前か)。でもちょっと残念(本音)。
どこか懐かしいような曲調ときらきらロマンティックな歌詞が、CMのコンセプトに似合ってていいと思いました。ケイコの思い出をもとに作ったっていうだけあって、ファンにはおいしい出来です。硬いピアノ(?)の音も涼しげでいいけど、後半のトランスチックな展開が気になりますね。ロングバージョンがきいてみたいです。
でね、私がこのCMの中でツボったのは、10歳のケイコの写真にビーチボールが降ってくるシーンなんですけど!笑顔全開の小学生ケイコの頭にビーチボールが当たった瞬間、ケイコの声が「いてっ」って言うじゃないですか。あれがめっちゃツボに入ってね!
ボーカルは今回もまたしとやか系だし、最後に画面に登場する現在のケイコはやたらに細っこくって可憐な感じだし・・・と、私の好きな「あねさん系ケイコ」とはずいぶんベクトルが違っているんですが、そんな「かわいい系ケイコ」に、あえて「いてっ」と言わせたCMディレクター偉い(力説)!
全体的にノスタルジックで、だけどさわやかで、かなり大磯ロングビーチに行ってみたくなりました。プリンスホテルの思うツボです。globeファンの今年の夏のリゾートトレンドは、軽井沢と大磯で決まりだね!って感じでしょうか(笑)。

さて、私が国際政治学と特別活動論のテストと格闘している間に、どうやらまた週刊誌で一騒動あったそうじゃないですか。「賃貸マンション」っていうとすっごく安っぽくきこえますけど(笑)、そんなこと言ったら、小室夫婦だってマークだってアムだって麻美ちゃんだって「賃貸マンション」住まいでしょうが。あーた、賃貸マンションったって、1DK月5万(駅から徒歩20分)から都心の億ションまでピンキリだよ(苦笑)。
きくところによると、ヨシキファンの中にはこれに関して雑誌編集部に抗議の電話をかけた方もいらっしゃるそうじゃないですか。凄いなぁ、その行動力とバイタリティと、それから「根拠のない情報・ソース不明の情報に対して、よいもの・有利なものは取り入れ、悪いものは断固として拒否する」というそのポジティブさ。私たちも見習わなくっちゃね、イエロージャーナリズムに踊らされるのはもうたくさん。
ほめてもらったときだけ、いい気分で読む。それ以外のときには、鼻で笑いながら流し読みして、話のネタを拾う(笑)。それが週刊誌との付き合い方でしょう。レッツポジシン、それができなきゃこんなご時世に小室のファンなんてやっていられないもの。
ちなみに、私が今までに見たもっとも凄まじいガゼネタは、99年の秋ごろに読んだもので、「小室は吉田麻美とはとっくに別れており、来年の春に藤原紀香のデビュー曲をプロデュースして、彼女と結婚する」というものでした(大笑い)。紀香は多分、小室より背が高いよ・・・ああいう大柄な大人顔は小室の好みじゃないよ・・・。




2003/07/16 04:23  
テストひと段落。

那々です。朝の六時までかかって準備をしたゼミ発表は、直前に先生がぶっ倒れて休講になりました。まだ準備が不十分で、「2限と3限がテストで4限がゼミだから、3限のテストが終わったら即効でパワポの手直ししてレジュメ読み返して・・・間に合うかなぁ・・・」と不安だったのですが、拍子抜けしちゃいました。
でも理由が理由なだけに、露骨に喜ぶわけにもいかなかったです(苦笑)。先生、もう歳だし、見るからに高血圧体型なんだから、あんまり飲み歩いちゃダメだよ。

さて、残すところテストはあと四つになりまして、今週の金曜さえ越えればあとはぽつんぽつんとあるだけなので、なんとかひと段落です。
昨日はヘイヘイヘイでアムの新曲初披露を見ました。んもう、期待たがわず!かっこよすぎて涙が出ます。PVと同じお衣装を着て、ヘッドセットマイクかと思いきや、片手にマイクを持ったまま踊る踊る。
特に、2コーラス目が終わった後のダンスシーンがすごく素敵でね。男性ダンサーに回し蹴り入れたり、つんと突き飛ばしたりする振り付けが、今までのアムにはない過激さで面白いです。
キィが低すぎて少々声がふらついていたのが難点ですが、それを補って余りある迫力のあるパフォーマンスでした。今週の露出は、ポップジャムとMステかな。忘れずに見なきゃ。どうやら風のうわさでは、秋にツアーも決定したらしいです。うわー、行きたいなぁ。

そういえば、グロトラのベストが出るんですって?なんていうか・・・なんていうかさぁ・・・・思いっきりオブラートに包んだ言い方をしても、「ダサいアイテム売りつけんじゃないよッ」って感じなんですけど(苦笑)。一年間に四枚もベスト出すアーティストがどこにいる。しかも、二枚しか出してないシリーズのベストって・・・・あんた、知念里奈じゃないんだから。
勿論、前向きな解釈で見るならば、「globeトランスの集大成。globe、トランスを脱皮して次のステップへ!」というキャッチフレーズでもつけて、新たなる方向性への名刺的なアイテムになる・・・とも言えますね。LEVEL4ではトランス以外の音にも取り組んでいたから、そろそろ小室のトランスブームも終結して、また新しい音を模索し始めてるのかな?去年の夏には「次はミニマルで・・・」とか言ってたけど、どうなんだろう。そういう意味では、(このベスト自体ではなく)その次の一手が楽しみではあります。ただ、そう解釈するには、特典が情けなさすぎるんですけれども(苦笑)。
とりあえず新リミックスは数曲入るらしいので、そのあたりは安心しました。特にseizeのリミックスには期待です。個人的には、globeトランスの第一弾となった(と私的には思っている)ライカプレイアのリミックスがほしいなぁ。
あと、どうせならグロトラ1、2からの選曲だけじゃなくって、今までにglobeがトランスアプローチをした曲全ての中から選んでほしかった。つまり、outernetからLEVEL4にいたる4枚のトランス系オリジナルアルバムからも収録してほしかったんですよ。だって、リミックスじゃなくっても、gardenなんて立派なトランス曲じゃないですか。オリジナルバージョンのままでも、トライシューは十分トランス色が濃いじゃありませんか。だから、そういうところからも選曲してもらいたかったんですけどねぇ・・・。

でもさぁ・・・ちょっと思い出したんだけど・・・ヨシキって確か、「トランスがやりたくて」加入したんだったよね?ちょっと、一曲しか出さんうちにトランス終わらせていいの!?




2003/07/14 06:03  
おはようございます。

那々です。6時です。これから寝ます。今日はテストが二つとゼミ発表(四回目)があります。そんでもって、夜に飲み会です。・・・あかんよもう!!
かなりまいってますが、今日はヘイヘイヘイでアムの新曲が初解禁なので、忘れずにビデオセットしてから出かけます♪それを糧に、テストと発表、がんばってきます。
おやすみなさい。目覚まし時計のアラームセットは、8時です。




2003/07/11 05:10  
テスト地獄。

那々です。地獄です。今日は、テストが二つとレポート提出が一つ(学校で、提出する授業の最中にやっと書きあげた代物)あって、昼飯もゆっくりと食べられないまま2限から7限までビッシリ授業&テストでした。帰宅したのは11時近かったです。死ぬよもう。
しかも、明日(ていうか今日)また一つテストがあるので、テスト勉強していたら、こんな時間になってしまいました。なぜか眠気がしません(笑)。ナチュラルハイです。ヤバいな私、先週くらいからずっとこのくらいの時間まで起きてます。起床は8時40分です。
明日のテストは国際機構論なので、「国際機構からの脱退問題」と称した模範解答を作成していたのですが、十回も二十回も「加入」と「脱退」という文字を繰り返し打ち続けていたら、なんだか知らぬ間に少し涙ぐんでいました(苦笑)。

・・・いや、でも、ドームライブが中止じゃなかったら、ほんとに私、今日大学でぶっ倒れてましたよ(笑)。




2003/07/08 00:03  
9999ヒットありがとうございます(フライング)。

那々です。トップを見たら、あと3カウントでカウンターがダメになるみたいです。9999までカウントしたらその後表示がどうなるのか、ちょっと私にも分からないのですが(笑)、近いうちにもう一度カウンタを設置しなおしておきます。
あ、あと、タイムマシーンも止まってます(汗)。テストがひと段落したらまた入力しなおしますから、ちょっと待っててー。




2003/07/07 23:49  
ラ〜〜ヴ♪

那々です。GABALLの新曲ききました?私、かなりツボですわ♪
出だしからもう、「あっ、小室音」っていう感じで(笑)、テレビで小室の新しい音をきくのは久々だなぁと思うと、少々感慨深くなりました。
全体的に地味な曲だとは思うのですが、「LOVE〜」を繰り返すBメロはキャッチーでいいですね。本サビよりもこっちをサビにした方が受けがいいような気もします(笑)。本サビは・・・なんとなく、2000年前期ごろの小室の匂いがするんですが・・・ちょっと強引にひねり出した感じが否めないかなぁ。
「幸せの表現」なんていう毒のない、小室らしからぬタイトルに少々おびえていたのですが(苦笑)、実際にきいてみたらそんなに甘ったるい歌ではなくて、ちょっと安心しました。歌詞は結構ラブラブめ(笑)かなぁとも思うんですが、透き通った声質の淡々としたボーカルと、妙にミステリアスな雰囲気で、うまくバランスが取れている感じがしました。
で、また、曲が流れているときにバックの映像がいいですね!スローモーションで結婚指輪が抜け落ちていくシーンとか、モノクロで寂しげに微笑む酒井若菜(?)とか、切なくていい。
「14ヶ月」の公式サイトでCMを視聴したときには、ずいぶんやわらかい雰囲気にきこえていたのですが、実際に歌入りできいてみると印象はずいぶん違いました。・・・いや、もしかしたら、ミステリアスな感じにきこえるのは、映像の効果かもしれませんけど(笑)。うん、あの映像気に入ったなぁ。
ドラマの方は最初の十分と最後の十分だけ見ました(笑)。話は結構面白そうかなーとも思うんですが、何せ毎週見られるとは限らないので、続き物の番組はよっぽど興味を持った(それこそ、毎週ビデオ録画をかけてから出かけるくらいに)ものでないと、まず見ません。
でも、連ドラの第一回をオープニングから見るなんて、すごく久しぶりでした。そんなことをするのは・・・「スタァの恋」以来です(笑)。その前にさかのぼると、多分、「ストレートニュース」以来です(笑)。ちなみにどちらも第一回の冒頭と最後しか見ていないません(笑)。せっかくタイアップに起用してくれたのに、相乗効果のないファンでごめんなさい、TBS。




2003/07/06 23:33  
なりふりかまわぬテスト前。

那々です。教場試験とゼミ発表と課題提出が重なって泣きそうです。なんと、今週一週間の間に、ゼミ発表があって、ゼミの卒論計画書提出があって、教場試験が4つあって、教職のレポート提出が一つあるんですよ。ほんとにきついです(涙)。

とりあえず、卒論計画書と、試験の解答下書きを一つ仕上げました。事前問題発表ありという嬉しい科目なのですが、出されたテーマが「前期の授業を振り返って、興味を持った事柄について論ぜよ」というあまりにシンプルなお題なので(笑)、逆に、何を書こうかしばらく迷いました。ちなみに科目は「マスメディア論」です。
・・・最初、CCCDについて書こうか、とも思ったのですが、ネットで資料を調べていくうちに「こりゃ私にはムリだ」と悟って、やめました(笑)。私の知らない電脳知識が多すぎる。サークルの友人に15分ほどかけてavexのコピコンCDとソニーのレーベルゲートCDについて講釈してもらったのですが、所詮私には無理なテーマ設定でした(友人、ごめん)。
結局、モチはモチ屋ということで、「日本における大衆発信メディアの現状」というテーマにしました。ミニコミ誌ブームと個人制作サイトブームについて考察。自分の経験してきたことを書けばいいから、かなり楽でした(笑)。

テスト前になるとレポート提出期限が重なるので、課題一つあたりの労力をできるだけ少なくするために、書きやすい身近なテーマを選ぶことが多くなります。過去に、「異文化交流」というお題のレポートでジャン・ミシエル・ジャールの国際規模のチャリティ活動について書いたことあり。比較宗教学で「新興宗教とカリスマミュージシャン」というテーマで書いたことあり。社会学原理で「『追っかけ』を考察する」というのを書いたことあり。教育原理で「流行音楽に見る現代若者像」というのを書いたことあり。英語のエッセイで「my memorial day」というお題に対してカテトラのレポ(笑)を書いたり、「"M"で始まるテーマ」というお題に対して乱歩("M"istery)を語ったり。日本のゴスロリファッションと本場ヨーロッパのゴシック文化との比較考察とかもやったし、現代思想のテストで澁澤龍彦と団鬼六を語ったりもしたし(笑)。
自分を切り売りするのは楽でいいです(笑)。こんなんで卒業できんのか!とか、大学生とは思えない!とお嘆きの方もいらっしゃるでしょうが、今のところなんとか順調に単位も取れてますので(笑)、多分大丈夫です・・・多分。

では、これから「国際機構の改善点」と「北朝鮮の核開発」と「文明開化」と「アウストラロピテクス」についてがんばります。この四つのテーマは、どうがんばっても私の趣味とは結び付けられないなぁ・・・。




2003/07/04 02:40  
ケイコ株、持ちなおす。

那々です。ダイちゃんの、「b」のキィだけ、利きが悪くなってきました。キィの部分をぽろっと引っぺがして中に入っているだろうゴミをかき出す・・・というのはアリですか?ナシでしょうか。

さて、hogからダイレクトメールが来ました。・・・なんでも、結局hogでもバースディライブ参加者を募集するんですって?しかも、関わらないなら関わらないでずっと態度を一貫させてりゃよかったのに、ファンからクレームが来た途端に「じゃぁこっちでも募集しますよ」みたいな対応の仕方ですよね。なんだか、一連のTKFCを思い出させるような始終後手後手に回る対応で、みっともないなぁ・・・もっと本音を言っちゃえば、ダっサいことしてくれたなぁ、って感じ。
私は、こないだの日記でも書いたように、これをglobeのイベントとは思いたくないので、hogには絡んではほしくなかったんですよ。このライブを「globeとしての仕事」と銘打たれてたまるもんか、って感じがしててね(苦笑)。だから、hogが絡むのは嫌だなーとか思ったんですけど。
・・・でも、ケイコからのコメントを読んで、それから小室のコメントの概要をきいたら(TKFCのBBSはFC加入者しか見れなくなりましたからね)、「まぁいいよいいよ、今回は好きにおやりよ」的な気分になりました(←偉そうだなぁ私)。
だって、一年に一回の、誕生日なんですもんね。一年でいちばん、わがまま言っていい日ですもんね。ケイコちゃんが自分のためにやるイベントなんだから、ケイコちゃんがいちばんやりたいことをやるべきなんでしょうよ(まぁ、ライブの日付は誕生日からは少々ズレてはいるのですが)。そうだよ、うん。
前にも書いたように私は行かないとは思いますけれど・・・幸運にも行けることになった人たち、ケイコちゃんのお誕生日を、心からお祝いしてきてあげてくださいね(ついでに結婚も)。

さて、そんな夫婦を尻目に(泣笑)、マーク率いる245experienceがついに動くみたいです♪明日、渋谷でライブですって。いいなぁ〜、行ける人がうらやましい!Lights以来、245のかもし出す男くさく渋い雰囲気とちゃみさんの哀愁あふれるギターにほれているので、活動を非常に楽しみにしています。CDオンラインショップ、早くオープンしないかなぁ。
ただし、正直に言って、マークが245にかまけすぎて本業がおろそかになるのは困るので(苦笑)、そこんとこのバランスをちゃんと考えて活動してくださいよ。マークが自分の音を作ってくれるのは嬉しいけど、あんまりにも独立しすぎるのは困る・・・という、ファンの勝手な心理(笑)。
あぁ、それにしてもこのライブ行きたいな〜、またget wildやってくれないかなぁ〜(笑)。

さて、そんなglobeを尻目に、ヨシキは相変わらずロス在住?なのかな。それにしても、ヨシキ@ディズニーランドというのは、想像するとかなり面白い取り合わせだわ。
そういえば先日、「音楽誌の書かないJ-pop批評 X JAPANとビジュアル系黄金伝説」とかいうムックを一時間ほど立ち読みしました。このムックシリーズ、昔は流行アーティストを一列に並べて片ッ端からメッタ斬りにするという恐ろしい毒舌シリーズだったのですが、最近はずいぶん丸くなったみたいですね。まぁ、一冊につき一アーティストに話題を絞る以上、読むのも買うのもそのアーティストのファンなわけだから、斬りまくりのこき下ろしまくりな本にはできないのは当然でしょうか。
パラパラと見てみたのですが、「globeでの活動にも注目」みたいな文章も、一言二言あったかな。Xの曲とかのレビューはよく分からないんで読み飛ばしたのですが、「ヨシキには、ヒデやトシのような全人格的パートナー(全人格を預けることができる仕事仲間)をもう一度見つけることが必要だ」という文章には、少し考えさせられました。小室は・・・ヒデさんが亡くなったときにヨシキの力になってあげたという小室は、そのパートナーとなり得るのか。はたしてヨシキはそれを望むのか。小室がそのポジションに収まることを前提として、ヨシキと小室はもう一度組むことを決めたのか・・・ヨシキファンの方々の懇親の力を込めた「NO!」という連呼がきこえてきそうですが(笑)。
それから、GLAYのTAKUROさんについて書かれていたコラムにかなり共感しました。「自分が受けてきた影響を恥ずかしげもなくストレートに表現するするところが、TAKUROのTAKUROたる所以である」だったかな。さすがTAKUROさん、若干32にしてエッセイ集に「胸懐」だなんてタイトルをつけちゃうお方。そうよ、ワンラブとかノーウォーだなんて真面目な顔して歌っちゃうロックバンドなんて、GLAYの他にはいないのよ(力説)。
あと、「ビジュアルバンド名作アルバム100選」の中に、私が初めて自分のお金を出してCDを買ったアーティスト、soft balletのアルバムが入っていて、ちょっと嬉しかったです。中学時代に彼らの音をきいていなかったら、私は今みたいなピコピコフリークにはなってなかったはず。

ちなみに、私は基本的に、「バンドが化粧をしてるから好きor嫌い」という感情はないです。男が白塗りの顔をしてようが、ヒラヒラのスカートで歌おうが、全然引くことはないですし、その代わり「ビジュバンだから好き」ってことも、ありません。ニュートラルに行きたい、ニュートラルに。




2003/07/01 04;14  
夜明けのひとりごと。

那々です。昨日の夜から今朝の六時までかかってゼミ発表用のパワーポイントを8ページ仕上げたというのに、結局ゼミの場では2ページ目までしか進まなくって、かなり無駄気味に徹夜しました。
火曜は大学の授業がないので、本当なら昼まで寝ていたいところなのですが、ちょうどマルイのセールが始まるので、朝から勇んで行ってきます。

さて・・・どうやら私は、他のファンの方々とツボが少々ずれていることに、今日、ようやく気づきました。嬉しツボも悲しツボも、嘆きツボもちょっと違うみたい。
globeファンの間ではどうもあまり評価の高くないbe true、今日買ってきてまだ一度くらいしかきいていないのですが、かなりツボにはまっちゃいました。買う前まではあれだけブツブツブツブツ言っていたくせに、私ったら、ケイコのボーカルのしとやかさにウットリしてます(笑)。

それから、どうもglobeファンとヨシキファンの間で物議をかもしているらしいこの記事ですけど、私的には、他のスポーツ新聞サイトにあった記事内容も含めて、「ふーん」って感じです。これとかもね。こんなこときくインタビュアーもインタビュアーですよね。ヨシキは「知りません」としか言えないじゃないですか(笑)。
私は、既に二週間ほど前から、マークのサイトの「Q. Cyber X feat.Keikoのbe trueが視聴開始になりましたが、もうききましたか?どう思いましたか?」「A. そうなんだ、知らなかった。まだきいてないよ」というやり取りに猛烈に脱力感と苛立たしさを感じていたので、まぁ、別にそれ以上憤懣やるかたない気持ちになることは、なかったです。
だって、ヨシキは他にどうとも答えようがなかったんじゃないでしょうか。彼はglobeのリーダーではないのだし、アルバムのレコーディングにも参加できないくらいに忙しい身なんだそうですから、スタッフとのやり取りがうまく行かなきゃ、情報が遅れることだって十分あるでしょうよ。そんなに双方のファンが泡を食うような記事でもないんじゃないかなーと思ったんですけど・・・私的には。ファンとしての怯えツボがずれてるのかな(笑)。

というか、「解散のウワサ」が(ファンの間だけじゃなくて)マスコミにも流れていることなんて、今日初めて知りましたよ(笑)。へぇ、そうなんだ、やっぱり外から見ても解散寸前に見えるんか(笑)。
解散は・・・ない・・・・と思いますよ、しばらくの間は。あれだけ大々的にテコ入れをしておいて、アジアツアーはともかく国内ツアーの一本もやらないまま、加入したメンバーの曲がたった一曲という不可解なアルバムを一枚残したまま、今解散したら、そりゃglobeもヨシキもいい笑いものの種になるのは目に見えています。
双方のプライドに賭けても、まともな仕事を成し遂げないままの解散や脱退なんて許せないでしょう?globeは今解散するわけにはいかないし、それと同時に、今のヨシキに急に脱退されても、困るんですよ。seize一曲だけを残して去られるわけには、いかないんです。「globeのため」にね。

以上、globeファンの、「globeのメリットしか考えていない」ひとりごとでした。眠いと心がささくれますね。もう寝ます。おやすみなさい。