那々の日々。常にギリギリリミット。

リリースラッシュ前夜、2月編。



2003/02/28 21:43  
アムロ・ダンシング!

那々です。最近めっきりアムのファンサイトのようになってます。SUITE CHICいいぞー。
来週には安室奈美恵名義のニューシングルも発売ですしね♪ジャケ写 がクールでカッコいいです。プロデューサーは今回もアメリカの人みたい。

サテ、今日本屋さんでアムが表紙のViViを立ち読みしました。アムのインタビュー記事のタイトルは「amuro DANCING!」(笑)。インタビュー中で、アムがハッキリと「今年は踊る曲を歌います!」と宣言していました。来週のshine moreはその第一弾だそうで、歌番組で見るのが楽しみです。
アムが今注目しているファッションはスポーツカジュアルだそうで、チアガールのようなミニスカートにサンバイザーの若々しいグラビアは、まるでスパモン時代のようでした(笑)。がんばれアム。やはり踊るあなたがいちばん美しい。「HARUTO」とクッキリ刻まれた腕をカメラに向かって見せ付けるようなポーズに、「母」の逞しさを感じました。


ところで昨日、とあるglobeファンサイトさんで、「globeは二等辺三角形であるべき」というお言葉を読みました。素晴らしく簡潔で的を射た表現だと思いました。
そうなんだよ。頂点へ向かう二線が底辺よりも少しだけ長い、鋭角二等辺三角形であるべきなんだよ。つまり・・・・ケイコとマークは、小室へ向かう距離の長さに於いて、あくまでも「対等」でなければならなかったんだよ。(以下弱音省略)



2003/02/27 14:44  
ハッピー・バースディ!

那々です。さぁさぁみんな、今日はマークのお誕生日ですよ!今日から33歳ですよ!今夜は無礼講ですよ!(←?)

・・・というわけで、今日は良き日です(笑)。毎年毎年必ずアルバムレコーディングの時期とバッティングするせいか、他の二人に比べてあまり話題になりにくい(ファンの間ですら)気がするんですが、マークもついに33歳!デビューしたときは・・・25、ですか。初登場のヘイヘイヘイで「僕は25です」って言って、みんなに驚かれてましたよね(昔話)。
globeのマークにとっても、酒井龍一氏にとっても、32歳は激動の一年だったわけでして、今年が過去32年間の人生のどの年よりもよい一年に、充実して幸せな一年になりますように、と影ながらお祈りしております。
今、本人は、ハワイだかどこだかのスタジオでレコーディングの真っ最中かな?他のメンバーがちゃんと祝ってくれてますように・・・。

えーっと、書くこと色々です。今朝、東芝さんからお電話があって、ダイちゃんを初期化してもいい?という確認の電話が入りました。とりあえずテキスト関係のバックアップは取ってあったので、初期化してもらうことになりました。来週の頭にはピカピカになって戻ってきてくれるようです。
しかし、戻ってはくるものの記憶喪失状態なので(笑)、もう一度全部教え込まなきゃなりません。ビルダーは勿論、無線LAN用のシステム、駅すぱーと、英和辞書、FTPソフト・・・どうしよう、私、ダイちゃん専用のCDドライブ持ってないんですよ。前回は借りたものを使ったので、これを期に買おうかしら。そして自分でオリジナルCDを焼けるようにしようかしら。というか、もう一回インストールしなおさなきゃダイちゃんでネットができないんだわ、あぁメンドクサイ。

それから、昨日、やっとSUITE CHICとシンセサイズドトランズを買ってきました。ついでに中古販売のリバティ高田馬場店とブックオフ葛西店にうっかり寄ってしまって、色々買い込んできてしまいました。
Strawberry Time(松田聖子)
BREATH、Spirits、Flower Bed、BIG WAVE(渡辺美里)
HEAVEN(PANDORA)
HIT UNLIMITED(2UNLIMITED)
全て100円、全部買っても735円で、SUITE CHIC一枚の三分の一のお値段(笑)。
今はSUITE CHICばっかきいてて、まだ開封もしてないんですが、松田聖子は掘り出し物でした。キモノ・ビートの歌詞違いバージョンが入ってるんです。
美里ちゃんは、エピックで歌ったという「恋したっていいじゃない」がききたくなったのがきっかけで、今ちょっとマイブーム。小室の曲が入っているアルバムはBREATHでやっとコンプリートできました。小室の曲の収録されてないアルバムもついでにまとめ買い、これはヤスの曲をきくためです。「チェリーが三つ並ばない」ラブ!
pandoraは中学時代からずっと好きな、スウェーデン出身のダンスポップシンガー。アルバムTELL THE WORLDは、那々的超名盤認定です。
2アンリミティッドは、小室がORANGEのモデルにしたことでも有名な、高音女性ボーカルと男性ラッパーのダンスミュージックユニットです。写真を見ると、ボンテージ風ファッションに身を包んだグラマラスで迫力ありすぎるオネエサンと、スキンヘッドで筋肉ムキムキな半裸のオニイサン。・・・・小室は、ケイコとマークをこんな濃ゆいキャラにするつもりだったんだろうか。

そして、今現在ヘビーローテーション中なのが、SUITE CHICのWHEN POP HIT THE FAN。シンセサイズドをほっぽりだして、こっちばっかりきいてます。
小室ファンの私ですけど、これをきいてハッキリこう思いました・・・・・安室奈美恵に小室哲哉はもはや必要ではないのかもしれない。筋金入りの小室ファンであり、しかも極度のヒップホップ嫌いである私にすらこう思わせてしまうほどの出来でした。R&Bだブラックだと敬遠するなかれ。小室では引き出せなかったアムの魅力満載です。
このアルバムについては、もうしばらくききこんでからまた語ります。とにかく、すごくいいよ、私は気に入りました。
シンセサイズドの方は、まだちょっとしかきいてません。GOING OUT THINGSがかなりイイ感じ。MCMsはちょっと中途半端かな。



2003/02/25 19:46  
女の矜持。

那々です。明日はバイトの帰りにSUITE CHICとst2を買ってきます♪SUITE CHIC、HMVで買うとリミックスCDがオマケで付いてくるってきいたんですけど!マジですか!?もう大学の生協に注文してきちゃったよ!ちぇっ。
st2といいSUITE CHICといい、みんな頼むから店舗限定販売って止めてくんないかなぁ。貧乏学生としては全部生協で買いたいんですよね。だって2割引なんだよー。

今日、FRAUという女性雑誌でアムのインタビューを読みました。お洋服は、雑誌の読者層に合わせてかなり大人っぽく、ちょいレトロな映画女優のような雰囲気。すごく髪が短く見えたんですけど・・・?
「歌って踊れること。それが私のプライド。誰にも負けたくはない」と言っていました。歌うだけなら上手い人はいくらでもいる。私より踊れる人もたくさんいる。でも、両方をあわせて見たときに、私がナンバーワンだと思いたい。
凄まじく強気の発言でした。安室奈美恵という、若くして一度頂点に立ったシンガーの、プライドを見ました。普段は言葉少なで、特に歌番組などではあまり喋らない彼女の言葉だけに、凄みがありました。
アム、インタビューでときどきいいこと言うんですよ。以前にネバエか何かのときのインタビューで言ってた「私、音楽の力を信じているんです」っていう言葉にも、結構じーんときたなぁ。あと、小室の借り歌を「ウニャウニャした歌声」という素晴らしい表現で語ったこともありました(笑)。

ところで店舗限定発売といえば。OLIVIAちゃん、知らぬ間にニューアルバムが出たんだそうです。タワーレコード渋谷店限定、って・・・(絶句)!渋谷店限定、って!地方のファンはどうするんだろう。通販とかあるのかなぁ。
ニューアルバムとは言っても、過去の曲の英語バージョンプラス新曲一曲、という、結構後ろ向きな(笑)アルバムなのですが、一昨年出たsea meっていう曲がすごくカッコよくて気に入ってるのと(PVがすごくキレイなんですよ!)、color of your spoonの英語バージョンがきいてみたいのとで、買う・・・かも。だって7曲入り(新曲は一曲ですけど)で1500円だよー、ファーストアルバムと抱き合わせで3000円、とかしないだけ良心的じゃないですか(笑)。でも、渋谷に行って帰ってくる移動費で300円プラスされちゃうんですが(笑)。
どうしようかなぁ・・・リリースラッシュ時だから、ちょっと控えようかなぁ・・・(悩)。
それにしても、このジャケットといい上の方に書いてある絵(?)といい、コンサバな私にはどうにもこうにも戸惑う芸術センス。こずえ鈴と二人でファッションブランドも立ち上げ、不思議オシャレの教祖になりつつあるリヴィー。独自の世界観でどこまでもつッ走っていってほしいものです。そして時々はtogether nowみたいなデジ系も歌ってね。



2003/02/21 20:47  
明日のことなーっど、誰もわからなーっい♪

那々です。明日tohkoちゃんのライブに行くかも。かも。当日券買って。当日買うと立ち見決定らしいんですが、それでもききたい〜!
ワンドリンク付きでレストランでのディナーショーみたいな感じらしいので、立ち見は結構キツイかなとも思うんですが、行きたい。美里とtohkoとオリビアは、一度はナマでききたいアーティストベスト3です。
開演時間が7時半で、帰りがどうしても遅くなりそうなので、久しぶりに母に「コンサートに行く」と言って、行ってきます(いつもは親には秘密で行ってます)。TMはともかく(トリビュートは行きません。断じて)globeがいつどんなかたちで動くかサッパリ分からない状況なので、「親公認でライブ」という貴重なカードを今使ってしまうのは得策ではないとも思うのですが・・・うーん。でも行きたい。でもなぁ・・・。明日のことなのに、まだ悩んでます。第一、立ち見だしなぁ・・・。
でも、これを逃したら次にいつtohkoちゃんに会えるかも分からないので、やっぱりすごく行きたいんですよ。私は、tohkoのファーストよりセカンドが、そして小室から独立後のシングル二枚がすごーく好きなので、それがすごくききたい。あと、大好きなtohhikohもききたい。ピアノも弾いてくれるらしいから、弾き語りでBAD LUCK ON LOVEもききたい。勿論「ふわふわふるる」もききたい。Angelもseven colorsもChildren of the new centuryもききたい。
tohkoの声とマークの詩、という組み合わせがすごく好きなのでね、作曲者にはあんまりこだわんないです。美里とかtohkoレベルの声になると、どんな曲を歌っても名曲にきかせちゃうことができるし(笑)。

そういえば、リビーで思い出した。こないだCUTIEか何かを立ち読みしたら(その歳にもなってCUTIEかという突っ込みは甘んじて受ける所存)、オリビアちゃんがモデルで2ページほど写っていました♪しかも、h.naotoの服を着てたので嬉しさ二倍増し。
えらくパンク風味なグラビアで、前髪半分を赤に染めていたりしてかなりギョッとしましたが(笑)、ハードな雰囲気ですごーくカッコよかったです。ガンガン攻め気な女の子って大好きよ。



2003/02/20 16:26
しばしの別れを。

那々です。家族兼用のデスクトップパソコンから書いています。昨日、一念発起して、ダイちゃんを修理に出してきました。一年間常に連れ添ってきた大事な相方をなくした気分です。さみしいよー、ピカピカになって、早く帰ってこいよー。
ところで、東芝の修理センターでダイちゃんを開いたら、よりによって壁紙がどーんと小室で(爆)。家で無難な壁紙に変えてくるのを忘れていたんです。ははははずかしいッ。東芝のお兄ちゃんはあくまで冷静でしたが、私はその場でダイちゃんをバタンと閉じて速攻で持って帰りたくなりました。しかもよりによってリズレツアーの小室だよ。レザーにシースルーだよ私のバカバカバカ。お兄ちゃん、ヘンなもの見せてごめん。

さて、修理に出す前に、なんとか一つ更新しました。・・・したんですが、あわてていてレビューページにリンクを貼るのを忘れていたので(笑)、ここから飛んでください。今回はかなり辛いこと書いてしまったんで、嫌な方はお読みにならないようにお願いします。
本当は、徹貫の言っていた「キヲク」と「キロク」の連動に関するヨイショに関して、もうちょっとツッコんでみたかったんですが、ちょっとタイムアップ。またそのうち書き足しておきます。

さてさて、SUITE CHICのサイトが更新されました。アルバムがほとんど全曲試聴できるようになってます♪すっげー、どれもこれもめちゃくちゃカッコイイよ。期待しまくり。
ついでに最近アムのGENIUS2000をききかえしてます。R&Bとラテン、という、99年当時小室がハマっていた音楽ジャンル二つをそのままぶち込んだ、非常に分かりやすい傾向のアルバムで(笑)、それこそTKDiSC時代のTMに通じるものがあります。でもTMよりアムの方がラテンは似合うね。

今週土曜はtohkoちゃんのライブですね(←明らかにエピックライブよりもこちらの方が楽しみ)。残念ながら私は行けませんけど、26日に新曲が出るそうなのでこちらも楽しみです♪みんな自分の力で一生懸命がんばってるなぁ。



2003/02/17 20:56
がーん。

那々です。今、パソコンのローカルファイルを調べてたら、以前に書いたグロトラ2のレビューが消えてることに気付きました。がーん。
結構長ーく書いてあったのにー、9割がた書きあがってたのにー(涙)。正確に言うと、消えたのではなく、上から古い(3割くらいしか書いてない)ファイルで書き換えてしまったみたいなんです。なんでそんなふるいファイルとっておいたんだよ私(怒)。
あーあ。脱力。ちぇっ、せっかく書いてあったのに。



2003/02/17 01:55
脱力撃沈。

那々です。今日は母(元パッチワーカー。中学校で家庭科教えた実績あり)と、近場のユザワヤに行ってきました。最近春休みで暇なので、手すさびに洋裁でもやってみるかーと思い立ったのです。
でも、枕にカバーをつけるだけで四苦八苦してるようなので、買ってきたフェイクレザー生地で作った巻きスカートをはけるのはいつの日になるのやら。

さて、TMにまた動きがありましたね。あんまりありがたくない動きが。ちょうど「キヲクヲキロク」のレビューを一生懸命書いてたんですが、なんだかアホらしくなってきたよ(涙)。
トリビュートライブって・・・まだトリビュートアルバムの方がなんぼかマシだと思うんですが。参加してくれる大ちゃんには本当に申し訳ないとは思うけど、なんというかかんというか・・・「ツアー」にしなくてもいいんじゃないですか?ファンクラブ限定で数箇所回るくらいでいいじゃないですか。一般発売なしで、細々とやろうや。大阪厚生年金会館とか、NHKホールとか、普通のTMのツアー並みの会場でやって、埋まるのかなぁ(失礼)。だって、小室ファンは行かないわけだし、TMファンでも「三人揃わないなら行かない!」という人も多そうだし。
TMファンの方々のショックはお察しします。私だって、「マークが出られないんで、ケイコとTKとヨシキとmoveのモツでツアーします!」とか言われたら、ハワイまで小室に一発くれてやりに行きたくなりますもの(笑)。(でも、「ケイコとTKでライブ」というのはあながちなさそうでもないあたり、また撃沈)
でも・・・私がひっそりと「これで、今まで自分たちが大切に思ってきたグループを、名前そのままで(つまりTMNETWORK名義のライブなのに)他人の手に触れられる気持ちが、TMファンにも少しは分かってもらえるのかなぁ」と思ってしまっているのもまた、紛れもない事実でして。「ヨシキ加入?おもしろい音がきけそうじゃん、楽しみだなぁ。でもTMに誰かが加入するのなんてまっぴらだけど」と仰っていたTMファンの方々が、ね(←今この発言で世のTMファンのほとんどを敵に回した自覚あり)。

それから、今日大阪であったというエピックライブですが・・・うぅ〜ん、これも私的には、あんまり興が乗らない企画でした。80年代を飾った思い出の曲のオンパレードで相当濃密な楽しいライブだったようですが・・・だって、これってつまり、究極の「同窓会」じゃありませんか。「懐メロ大会」じゃありませんか。
(これでまた敵を増やすことを恐れずに言うならば)出演している歌手のみなさんって確かに80年代は超一流だったかもしれませんが、今現役第一線で活躍している方って、ほとんどいないと思うんです。TM含めてね。「なつかしい」の一言のためのライブなんて、私が大江千里だったとしたら(凄い仮定法)、出演したくないなぁ。
・・・でもまぁ、こんな風に思うのは、私にエピックの曲をきいて育ったというバックボーンがないせいなのかもしれませんね。

というかそもそも、この手のジョイントライブとかスペシャルイベントとかって、代表曲しか歌われないから、あんまり興味がわかないんですよ。オキナワランデブーしかり、今回のエピックライブしかり、ログオンライブしかり。確かにファン初心者とか、はじめてそのアーティストのライブを見に行く人にとってはいいのかもしれませんが(私自身も、2000年の麻薬撲滅ライブではじめてTRFを見たとき、ヒットシングルメドレーですごく満足しましたから・笑)、歌われるのがゲットワイルドとセルフコントロールとラブトレインあたり(正確なセットリストはわかってませんが、全部THE LEGEND収録の曲だときいたので、多分こんなラインナップだろうと予想)じゃぁ、コアなファンは物足りないんじゃないかな。
私だって、イソイソとglobe見に行って、ディパチとキャンスト(かFACEあたりか)と、運がよければStop!がきけて終わり、なんてライブで、「やっぱりディパチは永遠の名曲だと思いました!」なんて言いたかないですもん。私が4月の日韓ジョイントライブに今ひとつ食指が動かないのも、そのせい。
・・・でも、なんだかんだ難癖つけながらも、ナマのみさっちゃんは見たかったです〜。マイレボはそれほど好きじゃないんですが(苦笑)、とにかく、あの人の声を一度ナマできいてみたい。

ところで、今日のライブに行った方から、「マークからお花来てるよ!」というメールをいただきました。・・・・二通(笑)。
どの方も、私が何を求める人間なのか、よく分かっていらっしゃる(笑)。なんてたって、去年のマークの誕生日には、私に「誕生日おめでとう!」っていうメールが何通も来ましたから(笑)。



2003/02/13 02:43
ミュージカル!

那々です。コムテツ歳時記タイムマシーン、二月分いっぱい更新しておきました。キヲクトキロクは・・・現在レビューを書き途中です。

サテ、今日は面白いニュースが入ってきました。見て見て。TRFのユーキちゃんがミュージカルに初挑戦ですって。写真がカワイイなぁ。しかもなんという偶然か、宇都宮くんが二年間演じて大好評を博したミュージカル・・・RENTの作者の遺作なんだそうです。しかも相手役には山本耕史くん。これは・・・VIP席がすごいことになりそうな気がします(笑)。
私は、RENTの再演を一度だけ見たことがあったんですが、あいにく遅刻していってしまって、アタマを見逃してしまったんです。だからストーリーはよく分かんないし、はじめてきく歌ばかりだからセリフがききとれないしで、見ながらかなり「???」な状態だったんです(お恥ずかしい・汗)。
でも、不思議なことに、ストーリーどころか登場人物の名前も満足に一致しないようなまま見ていたくせに、最後には泣いちゃったんですよ。不思議でしょ?ラストの「昨日もない、明日もない〜」(←この歌詞すらうろ覚え)という歌のところで、いきなり泣いてしまいました。ライトを客席に向けるマーク(MARKの方のマーク)と、スクリーンに映し出される出演者からのコメントが、私の心の泣きツボを妙に刺激したらしくて。なんで泣けたんだろう、ストーリーも把握しきれていなかったくせに。真面目に見て泣いていたお客さんたちには申し訳ないかぎりでした。
・・・そんなわけでRENTに関しては、しっかりと鑑賞できなかったというくやしい思いが残ってしまっていたんです。
で、今回のミュージカル、あらすじを読むとかなり面白そう。登場人物が三人だけらしいので、私のように俳優の顔が見分けられない人間でも理解しやすそうです(笑)。
歌って踊る、ミュージカルは、まさにユーキちゃんにふさわしい舞台。ダンサーの役どころだそうで、これはかなり楽しみです。できれば見に行きたい!

それから、昨日も書いたアムの新CM、ネットでさっきチェックしました。カッコイイ!映像は、アムがずっと正面を向いて笑っている(しかもなんとなくにえきらない笑い)だけのカットが多くてイマイチ面白みにかけるんですが、バックの新曲がカッコイイ!バリバリのR&Bテイストで、ストリングスアレンジが素敵!そんなに派手でもないし、小室の曲でもなさそうですが、これはかなり要チェックです。
ついでにSUITE CHICのサイトもリニューアル。アルバムのジャケットが公開されました。・・・なんか微妙(笑)。でも多分、ヒップホッパーの人たちの目から見れば、あぁいうデザインがとびきりヒップでクールでホットでイケてるんでしょう。私にはヒップホップの感性が欠けているんで、よく分かんないです。SPEEDの仁絵ちゃんは大好きだったけど、彼女の描く絵は理解できなかったもの。
まぁジャケットはともかく(笑)、中身は楽しみです♪

それからついでにもう一つ。tohkoちゃんがライブをやるそうです。これは行きたい!彼女の歌をいっぺんナマでききたいと思っていたんですよ、for a long timeラブ!・・・でも開演時間が遅いし、場所は青山で遠いし・・・うーん、行けるかなぁ。難しいところです。



2003/02/12 04:23
髪を切る。

那々です。乱歩展の帰りに池袋でブーツの安売りをしてまして、10センチくらいヒールのあるかっこいいブーツを1000円でゲットしました♪いい買い物をしたわ!と喜んでいたら、三日で底が剥がれました(呆然)。でもデザインが気に入っているので、接着剤を駆使してなんとか履き続けたいです。

昨日、懲りずにまたQBハウスに行ってきました。今回は眠らずに、お兄ちゃんのハサミの動きを逐一目で追っていたので、前回のようなムチャクチャなことにはならずに済みました。前回何があったのかについて知らない方は、過去の日記を参照のこと。
でも私はオシャレ用語が分からないので、どんな髪型にしてほしいかをお兄ちゃんに伝えるのに一苦労でした。「シャギー・・・っていうんですか?」とか「段カット・・・っていうんだと思うんですけど」とか、身振り手振りで説明しては、お兄ちゃんの首を傾げさせる始末。なんとかまぁ無難な髪型には収まったんで、よしとします。

ところで、髪を切ってもらうときに「○○みたいにしてください〜」って、やったことあります?芸能人の名前を指定したり、切り抜き写真を持参したりする、アレ。私、美容師さんに「その顔で!?」と思われそうで恥ずかしくてやったことがなかったんですが、そういえば去年、一度だけ写真を持参してみたことがありました。
Relation時代のglobeの写真を持っていって美容師さんに見せて、
「この人みたいにしてください」
「ハイ・・・まんなかの、ひと、ですよね?」
「イエ、左端の人です」
と言ったら、ちょっとヘンな顔されました(笑)。美容師さん、ケイコじゃないの、小室の髪型にしてほしかったのよ。
まぁ勿論、モデル指定が小室であっても、出来上がってくるモノは似ても似つかぬモノになっちゃうんですけど(笑)。気持ちだけでも、ということで。あのころの小室のヘアスタイルがいちばん好きだったなぁ。
那々は家の方針で髪染めもパーマも禁止されているんですが、もし家を出られたら、97年ごろのマークみたいな髪型にしたいです。こげ茶でセミロングの、ゆるいウェービーヘア。

髪染めといえば、ルシードというヘアカラーのCMキャラクターにアムが起用されたらしいです♪「ヘアカラーを流行らせた張本人」というのが起用理由ですって。確かに。
新曲タイアップで本人がCM出演するそうで、楽しみです。ネットでは2月12日、つまり今日中に新CMがオンエア解禁になるらしいので要チェック。新曲はshine moreというタイトルで、作曲者は不明。小室の曲だと嬉しいんだけど、それ以上に、ダンサブルな曲であることを期待しています。バラードもいいけど踊れるアムが見たいのよ。



2003/02/09 20:58
キヲクトキロク。

那々です。「キヲクトキロク」買ってきましたよー。結構いいです!ていうか、あんまり期待していなかったのですが(苦笑)、想像していたよりかなりお得なアルバムに仕上がってまして、買ってよかった、って感じです。
詳しい感想は久しぶりにレビューの形にまとめようかなと思っているので、もうちょっと待っててください(あぁそういえば、書きかけのグロトラ2のレビューも上げなきゃ)。
とにかく、久々に宇都宮くんの声をきいて、「あぁ、きれいな声の人だ」と再確認しました。最近globeでいっぱいいっぱいになっていてTMをきく余裕がなかったのですが、やはり宇都宮くんの声はよい、と。昔よりも今の声の方が、つやがあって響きが深くて、ずっと好きです。

ところで、こんなシリーズが発売されるそうじゃないですか。なんだい、このジャケットは。トイレの入り口のよう(笑)。こんなジャケ写で決定なんでしょうか。イヤだなぁ。
ていうか、私が以前にきいた情報では、ピアノ&シンセのアルバムは「一枚は既存曲のピアノバージョン+新曲書き下ろし、もう一枚はオール新曲」ときいていたのですが。なんだよ、結局過去の再録がメインなの!?それとも、シンセアルバムの方は本当に書き下ろし曲なの?紹介文が微妙な書き方なので、イマイチよく分かんないです。
それから、「globeの隠れた数々の名ピアノ楽曲をひとつにまとめた珠玉のピアノベストアルバム。ファンならずともTKのピアノサウンドの素晴らしさを再認識させられる1枚。幻の未発表音源も収録。」とのことですが、これも「globeのナンバーのピアノアレンジバージョン」を収録するんじゃないの!?既存のglobeナンバーのピアノフューチャー曲を集めただけなの!?それってつまり、GIVE YOUとかI'm still aloneとかLights boughts the futureとかPrecious Memoriesとか!?バラベスとかぶる上に、またケイコソロ曲が多くなるイヤな予感がするんですけど。
とにかくこの三枚、かなり買う気が失せました(本音)。既存曲を寄せ集めたベストはもうたくさんです。守りに入ってどうする、新曲で攻めろ、新曲で。

それと、「VOICE OF HEART」とはずいぶんやっすいタイトルだなーと思いました。小室本人がつけたタイトルとは思えない。
これって、純粋な「詩集」なんですか、それとも本当に「エッセイ」が入ってるんでしょうか。詩集ならいいけど、過去の曲の歌詞についての解説とかは読みたくないです。全盛期にも一冊もオフィシャルエッセイ集を出さないで通してきたんだから、今更そのころの回顧録なんて見たくない。詩オンリーの本なら嬉しいな、買うときにちょっと恥ずかしいけど(笑)

ハッキリ言って、私は彼の音楽に「癒し」を求めているわけじゃないので、こういうまったりしたアルバムにはあんまり興味がないんです。ブルファンもオリジナルよりトランスミックスの方が好きですしね。勿論、彼のピアノがきけるのはすごく嬉しいのですが、多分、買ってもあんまりヘビーローテーションにはならないと思います(本音)。麻美ちゃんとラブラブだったころも、「胎教音楽を」とか言ってブルファンを作ってたけど、結婚するたびに角が丸くなるような小室はイヤだなぁ。
私が彼に求めるのは、「アグレッシブ」さなのでね。曲調も、行動も。上昇志向、というか。にこにこ幸せそうな小室もいいけど、何でも掴んでやろう、何だって利用してやろう、どんなチャンスも逃すものか、オレはもっともっと行けるんだ、っていう攻め気の小室を、久しぶりに見たいです。

あと、このアルバムのキャッチコピーに突っ込みたい。
「そのもうひとつの才能である「ピアノ」」って・・・ヨシキが見たら鼻で笑われそうです(苦笑)。「ココロの栄養」というのもダサいですが、それよりなにより「この1枚こそを、あなたの上質な感性に。」という徹貫風のキャッチコピーがハズカシイです。コアなファン以外にも買わせるんだったら、あんまり自画自賛的なコピーは勘弁してください。



2003/02/08 00:58
池袋顛末記。

那々です。ごめん、今日は小室ともglobeとも全く関係ない日記です。明日は「キヲクトキロク」について書くから、今日は関係ないこと書かせてください。
大学の友人と一緒に、江戸川乱歩展に行ってきました。いや、凄かった。ワクワクしました。楽しかったです。
乱歩の一生を細かな資料で説明していく展示会だったので、彼が作家デビューする前の話とかが知れて興味深かったです。早稲田の政経卒であることは知っていたのですが、卒業後もしばらく早稲田界隈に住んでいた時期があったり、はては馬場の近くに旅館まで経営していたとは知りませんでした。ファンとして不覚!

でもやはり、何がいちばん楽しかったかって、彼の著作の展示ですよ。昔に出版された本の装丁を一つひとつ見ていくのが楽しくてねぇ。レトロなイラストとか、味のあるタイトルフォントとか、とにかく昔の本は表紙が面白い。それから帯や新聞記事に書かれた煽り文句がまたよくてね!「嗚呼、何という悲劇であらう!うら若き貴婦人はつひに怪人(くわいじん、とルビ)の手に落ちた!」みたいなノリの、あの、時代がかった、大げさなキャッチコピーが大好きです。
欲を言えば、もうちょっとイラストの原画を展示してくれると嬉しかったかなぁ。特に、竹中英太郎という、乱歩や夢野久作のイラストで有名な画家さんの絵を、もっとたくさん見たかった。

それから、少年探偵団シリーズのグッズとかメディアミックス作品を展示したコーナーがあってね、中でも「少年探偵団カルタ」、これがすっごくほしい!
誰が考えたのか知らないけど、読み札の文句がすごく個性的で(笑)。
「いつも かつやく 少年探偵団」
「うでをくみ 考えこんだ 明智探偵」
「〜〜〜〜な 中村警部」
このくらいならまぁ、よくある文句なんですが、
「はっはっは 暗闇にひびく わらいごえ」
「ろう支配人は 二十面相」(「老支配人」の意味?)
「〜〜〜 軽気球で 空へ」
と、だんだん「・・・?」な読み文句が多くなってきて、さらには、
「くらやみに 犯人を追う 羽柴少年」(誰?)
「〜〜〜 おてがら 桂少年」(誰!?)
そしてきわめつけが、
「これは ゴムの 人形だ」
あまりにもシュールな文句に顎が外れそうでした。すげーすげーすげー。ほしいわ、本気で復刻してほしい。復刻されたらどんなに高くても買います、そして毎年ワセミスでお正月カルタ取り大会を開催するよ(笑)。

会場には乱歩関連書籍の販売コーナーもあったのですが、私が小学生当時に読んでいたのと同じ装丁のポプラ社少年探偵団シリーズが売っていて、ちょっと感動しました(現在のポプラ社版同シリーズは装丁が一新されており、以前のものは廃刊になっているので)。懐かしかったなぁ。久しぶりに図書館の児童書コーナーに行きたくなってきました(笑)。

久しぶりに乱歩の世界にどっぷり浸かって、すごく楽しかったです。本当は弥生美術館と表参道のディオールケイコをハシゴするつもりだったのですが、乱歩で頭のメモリーがいっぱいになってしまったので(笑)、結局池袋の本屋を散策するだけで帰ってきちゃいました。おかげで「キヲクトキロク」をまだゲットしていません。早くききたい!



2003/02/07 04:09
テスト終わりました。

那々です。やっと開放されました。明日(というか今日)は江戸川乱歩展に行ってきます♪ついでにずっと前から行きたい行きたいと思いつつ機会がなかった、これに行ってきます♪そんでもって、帰りに、表参道のケイコちゃん特大パネルを見てきます。すごいハシゴの仕方(笑)。美を求める旅です。

サテ、「後ろ向きなMTR」こと「キヲクトキロク」ですが、結局買うことにはしたものの、まだ入手していません。学校の生協に3枚入荷することは確かめてあったのですが、テストが5日まであったので4日には買わず、5日の夕方、テスト終了後に買いに行ったんです。そしたら、もう売り切れですって。
あらあらあら。3枚とはいえちゃんと売れるんだなーと、驚きと嬉しさでいっぱいでした(笑)。店員さんもまさか売り切れるとは思っていなかったみたいで(笑)、「そこに二枚ありますよー・・・え、あれ、ない!?」とビックリしていました(苦笑)。
すぐきけないのはくやしいけど、生協で買うと15%引きになるので、その場で注文してきました。明日(じゃなくて今日)、乱歩から夢二に移動する途中で学校に寄って引き取ってきます。
あぁ、やっぱり10 YEARS AFTERのリミックスが楽しみだなー。あと、MESSaGEのトランスリミックスがなかなか賛否両論なようで(笑)、これもなかなか楽しみです。逆に、かなりどうでもいいのは、最初と最後の2トラック。終了以前のものをそのまま手も加えずに引っ張り出してきたトラックかと思うと、萎えます。

あ、そういえば、hogで注文したフォトブックがやっと届きました。「12月に発送予定」と告知したっきりなんっの音沙汰もなく、2月に入っても届かないので、今日明日にでもhogに電話してやろうかと思っていたんです。届いてよかったー。
内容は・・・2000円にしちゃぁ高いかなーという感じもするんですが、まぁ、ファンクラブ限定だし、製本自体はやたらに立派なので(笑)、妥当なところかな、と。
ただ、中身の写真のセレクトは、私的にはちょっとイマイチかなぁ。ケイコちゃんはかわいいんだけど、私好みの小室のナイスなショットが少ないです。それと、表紙にどーん!と三つ割れglobeロゴを印刷しといて、表紙めくってすぐに「globe are Tetsuya Komuro, Marc Panther and Keiko」って堂々と書いてあるわりには、三人でそろって映っているショットが少ない。ワンショットをメインに、ツーショットがところどころに入ってるくらいの割合で、三人が仲良くじゃれあってる様子が好きな私にとっては、ちょっと食い足りないです。
ていうか、どうにもこうにも、小室とケイコのツーショットを見ると「コンチクショー!!」と思ってしまうんですよ(笑)。特に、ケイコが椅子に座ってPrecious Memoriesか何か歌ってて、その後ろで小室がピアノを弾いてる写真なんか見るとね。仲よさそうじゃんかよぅ!コノコノっ!ヒューヒュー!っていう意味での「コンチクショー!」と、マーク一人放っておいて二人の世界に入ってんじゃないよ!っていう「コンチクショー!」とが混ざってるんですけど(笑)。
あと、マークのつぶらな瞳に心ときめかす私としては、サングラスをかけていないマークの写真が、一冊通して三枚しかなかったことに、かなり物足りなさを感じています。三枚だよ、三枚。しかもどれも尋常なサングラスじゃないし。インディアンコスチュームのときにかけてたチューリップを横にしたみたいな形のとか、武道館で使ってた妙にSFチックなやつ(グラスの弦が、横にじゃなくて縦に伸びてるアレ)とか。ほんとに、元デルモの華麗なるファッションセンスは、私みたいな凡人が理解できるようなものではないです(笑)。
小室の場合は、サングラスをかけていても薄い色のものばかり選んでくれるから、グラスの奥から目が見えるんだけど、マークは色の濃いグラスばかり使うから、目の表情が全く見えないんですよね。だから、必要以上にコワモテに見えちゃう。街中にあんな身長であんな髪型で真っ黒なサングラスかけた男がいたら、私だったらまず逃げます(笑)。



2003/02/02 20:24
さりげなくリニューアル。


思い立ったが吉日生活がモットーなので、突然日記をリニューアルしてしまいました。見た目はあんまり変わらないのですが、実はビルダーの直打ちからcgiを使った投稿形式に変えてみました。以前にも書いた通り、近々ダイちゃんを修理に出すので、転送ソフトがなくても日記が書けるようにしたかったんですよ(でも修正するのが結構めんどくさいんです・苦笑)。
でも、いかにも借りてきたCGI!という感じにはしたくなかったので、できる限りいじりまくってみました。どう?見た目は今までとあんまり変わらないでしょう?
・・・で、なんでこんなことを一生懸命やってるかっていうと、それは明日から三連ちゃんでテストだからなんですよ(笑)。あぁもう私のアホ。こんなことやってる暇があったら勉強したらどうだい。

とりあえず今週の水曜までテストがあって、それが終わったら、今週の日曜までやってる江戸川乱歩展に行く!絶対行く!小学生時代をポプラ社の少年探偵団シリーズとともに過ごした私としては、この「BDバッジ」は喉から手が出るほどほしいです。あぁ乱歩。マイフェイヴァリット短編は「鏡地獄」、「火星の運河」、それから誰が何と言おうと「目羅博士の不思議な犯罪」。長編では「陰獣」か「孤島の鬼」か「暗黒星」か。
それからルイス・キャロルを読む!アリス二作を読み返して、あと他の作品も読む。ブラッドベリを読む。中井英夫を読む(←まだ言ってる)。赤江曝を読む。山口雅也と小林泰三と田中啓文の新作を読む。ジョナサン・キャロルとCLAMPと恩田陸とクラフト・エヴィング商会とエトセトラエトセトラエトセトラ。テスト前になるととにかく本が読みたくなる病を発病中です。
そんなに本が読みたかったら、学校の図書館から借りてきた「イギリス史研究」を早く読め、私。

PS.ところで今気が付いたんですが、昨日か一昨日くらいで、このサイトの開設からちょうど一周年が経ちました。思えば去年の今頃、今のようにテストに追い詰められながら、現実逃避のようにこのサイトを作ったのでした(笑)。一年って早いなぁ。
開設当時から見守ってくれていたオフの友人知人のみなさん、リンクをたどってきてうちを見つけてくれた閲覧者のみなさん、いつも書き込みしてくださってるみなさん、こっそりアンケートを送ってくださるみなさん、ありがとうございます。これからもがんばって更新していきますね。