那々の日々。常にギリギリリミット。 

KCOプロジェクト始動!の12月(でも買ってない)。



2003/12/30 14:41  
ただいま。


那々です。今帰ってきました。疲れてます。しかも踊り足りてません。

バタンキューで寝る前に、マークについて覚えていることだけメモ書きしておきます。
前半は黒の革パン×245Tシャツ(黒地にかすれた白字で245とプリント入り。今回のは結構かっこいいデザインでした)+アンダーに白のロンT×黒の革靴。灰色のハンチングを取ると、わっさわさの爆発頭でした(マークもウツ並みの猫っ毛なのかしらん?)。うっとおしいのか、ときどき後ろで束ねなおしたり、また髪を下ろしたり(束ねると、以前にhogの会報に載ってた、マークとファンがバーで飲む企画のときの写真に似てる)。
コタンさんやそのお友達たちがたくさん来ていて、彼らをステージに上げて客を煽る。コタンさんは黒に銀のラインの入ったミニワンピ、すごーくヒールの高いミュール。頭に銀色の大きなティアラ。出てきたときから既にかなり酔っていて、突然「イェーイ!」と叫びながら近づいてきたかと思うと、そのまま抱きつかれました(笑)。「うわ、ほそっ」と感心しながら抱きしめ返しましたけど、内心「マークに睨まれそう・・・」と焦りました(笑)。

そのうちコタンさんたちも帰り、マークも一旦引っ込んで、一時間くらいしてまた出てくると、トップスを黒いTシャツ(白い英字プリントのような模様入り)に着替えてました。
で、そのとき、なぜか髪の毛がめちゃくちゃきれいになってた(笑)。ブローしたみたいにふわっふわの髪が肩の上くらいまで。近くでよく見ると、灰色にところどころ黒が混じってる。98年紅白〜99年年明けTKスペシャルのころのマークに似てるかな(あんなにハネてないし、もうちょっと短いけど)。前髪が長くて、常に右目あたりを覆ってました。
ただし、眉毛だけは相変わらず真っ黒で濃すぎ、というか太すぎの眉。髪の色と全然違うので顔から浮いてて、えらく目立ちました。
左手に黒地×銀縁の大きな腕時計(あれ、あの人左利きになったんじゃなかったっけ?)。右手首に、ドクロモチーフのごっついシルバーブレスレット。

いい男でした。近年まれに見る、「正統派美青年」なマークでした(笑)。私は97年のウェービー茶髪マークがいちばん好みなのですが、今朝のマークはそれに次ぐ好ビジュアルでした。あー、やっぱりあなたはロン毛の方がぜったいカッコいいよ(ただしロン毛はロン毛でも4singlesのころのようなロン毛だとかえってデコが目立つ危険性もあり)。あ、あと肌もきれいだった・・・と思う。

あと、今朝マークのすぐそばで観察していて、つくづく「この人、でかっ」と思いました。すぐそばで見てると、マークの頭ってかなりでかい。でもマークの全身を見ると、決して頭でっかちじゃない(というか顔ちっちゃい)。ていうことはつまり、マークは常人よりも全てのパーツが一回りでかいとうことなんでしょうか。183センチだし。そばに立たれると威圧感があるくらいでかい。握手してくれた手もでかい。もちろん目もでかい。眉毛も太いがまつげも長い。でも多分、これでもハーフだから何センチか引いたかたちになってるんでしょうね(←?)。

イベントが終わった後、会場の入り口まで上がってきて、ファンの子たちと握手や写真撮影をしてくれました。ビール片手に(笑)。みんながいつまでも離れないので、冗談半分に「もう帰れ!風邪引くからもう帰れ!」と大声を出していました(あくまで冗談口調で笑いながら、ですよ)。私も握手してもらいましたが、言いたいことは山ほどあってもいざ面と向かって見つめられて握手されると、もう何も言葉が出ずに、ただただ手をぶんぶん振るだけしかできないこの乙女っぷり。

とまぁマークに関して覚えてることはこのくらいかな。私的には、マークが間近でおがめただけで、今回のイベントには十分行った価値があるというものでした。というか、マークが見れなければ行かなかったイベントでしたし(本音)。

イベントの内容に関してはまた後ほど。とりあえず寝ます。おやすみなさい。




2003/12/29 03:47  
気に入った写真は(気にいらなくてもとりあえず)集めてbookに貼り付けてある。


那々です。ねぇ、ほんとに明日の夜、マークのイベントやるの?245のサイトを見ても「詳細は後日」って書いてあるっきりなんですけど。明日は貴重な外泊ディなので、会場に行ってもやってなかったら、もしくはつまんなかったりしたら(暴言)切ないなぁ。

ところで、年末の大掃除をしていたら、私の部屋の「小室棚(小室関連の冊子・書籍が詰め込んである棚)」から、スポーツ新聞が十本ほど出てきました。2001年の9月2日、11月28日、12月2日、そして12月9日のものが、それぞれ数誌ずつ。手に入れたはいいものの、めんどくさかったり見るのも嫌だったりして(笑)記事をスクラップしないままに放っておいたものばかりでした。
12月2日の新聞は、さすがに「愛子さまご誕生」記事ばかりで、地元府中に錦を飾ったコムの記事はどの新聞にもありませんでした。12月9日の紙面には、「ケイコ、オ〜モーレツ!」というアホみたいなキャプションつきで、スカートをひるがえして歌うケイコの写真が掲載されていました。こちらはgenesisライブ@ベイNKの記事ですね。
9.1事変と11.22事変に関しては・・・案の定、どちらもかなり大きく取り上げられていました。今改めて見てみると、9.1事変の記事の隅に小さくかこみでV2の写真が載っており、「小室とヨシキは92年にデュオユニットV2を結成しており・・・」と書いてありました。デュオユニットって!!その言葉からは、ウインクみたいなグループしか思い浮かばなくて困ります(笑)。
11.22事変に関しては、手元にあるどの記事も全く読んだ記憶がありませんでした。やはり当時の私としては、一応入手はしたものの「見たくもない」記事、いまいましい新聞だったようで(苦笑)。ただ、手元の二誌が、二誌ともマークのコメントを載せててくれたのが嬉しかったです。しかもそのうち一誌では、
「globeとは家族とか親友以上の絆だから2人がくっついたのはすごくうれしい。すごく楽しい家庭になるんじゃないかな。もっとイチャイチャしてほしい」と祝福していた。
とな。個人的に、マークのこの「globeは家族や親友以上の絆」という言葉には、かなりグッときました。「globeの絆」というのは以前からマークの口癖でしたし、私も当時、「小室とケイコの結婚は、globeの血を守る純血婚」ととらえていたので。・・・ただし、「もっとイチャイチャしてほしい」という言葉については、たとえこれが当時の本心であったとしても社交辞令だったとしても、一年後には後悔したろうと思います(笑)。

眠いので文章がかなりめちゃくちゃな気がします。ごめんなさい。おやすみなさい。




2003/12/27 02:21  
日本人なら年末は大掃除。


那々です。イブイブに、コム友のまゆみさんとデートしてきました。
クリスマスと、遅ればせながらのコムバースディお祝いと、それからまゆみさんの就職決定祝いとを全部ひっくるめて、新宿プリンスホテルのデザートビュッフェに行ってきました。その後古着屋とマルイワンをはしごして、それから代官山へとび、マークの新しいお店ことCrown Heartを見学。で、そのまま恵比寿に歩いていって、クリスマス直前の恵比寿ガーデンプレイスで大量のカップルどもにアテられて帰ってきました(笑)。

新宿プリンスのビュッフェは・・・去年行った品川プリンスのデザートビュッフェが大当たりだったので、今回も期待していたのですが、今回は大外れでした(がっかり)。ケーキはぱさぱさだし、軽食は安っぽいし、補充は遅いし。地下レストランのため景色もゼロなので、1500円でもあんまりお得じゃないです(苦笑)。よし、来年はやっぱり品川プリンスだ。
古着屋はクローゼットチャイルドという小さなお店だったのですが、前々から狙っていたブランドのコートを発見して、衝動買いしてしまいました。30000円のミニコート(今年の冬に出たばかりの型)が18000円なり!そのブランドの服を買うのは初めてだったので、店の外でタグを切り袖を通したときは、すんごくドキドキしました。

で・・・クラウンハートなんですが、お店レポートは明日くらいにでも。外観やお店の中の写真はないのですが、ちょっと面白いものをいただいたので、それも明日アップします。乞うご期待。

えーとそれから・・・どうやら29日に渋谷で行われる245のフリーパーティに行けそうな感じです。久しぶりのクラブです♪245がどのくらいプレイしてくれるのかはよく分からないんですが、もし短く早めに終わっちゃたら、その後クラブエイジアでもハシゴしようかなぁと考え中。

それからもう一つ。まだ実行するかどうかは分からないのですが、大晦日あたりに、期間限定ページをアップしようかなぁと考えています。何を書くかというと・・・いえ、たいしたものじゃないんですが、今までうちのサイトですら自主規制していたような大苦言をひとつ呈してみようかなぁ、と(笑)。
題して、「那々、あんた言いたい放題言ってるわりには、いちばん好きな奴には甘いんじゃないの!?」です。ほんとに書けるかどうかはまだ分かりませんが、とりあえず年末の無礼講ということで。




2003/12/24 02:01  
就活学生のつぶやき。


那々です。エントリーシート書きに追われながら思うこと。
趣味嗜好に貴賎はない・・・・とはいえ、「追っかけ」というのは、なんとも就活アピールしにくい趣味であることよ!
うちの友人のいちばんの特技は「どんなに疲れていても眠くても、ぷっすまとスマスマの時間になると目が覚めること」だそうですが・・・・他者に依存(?)した趣味・特技っていうのは、自己PRの材料には向いていませんね。
でもまぁ、(社員の方の言葉ですが)こういう人もいるし。しかも「愚麗」とか書いてるあたり、かなりのGLAYスレだとお見受けしました。
そこで、私もいっちょ正直に書いてみることにしました。

【あなたが学生時代にもっとも力を入れて打ち込んだことは何ですか】
私はglobeというポップスグループの7年来のファンです。最初はただCDをきいているだけで満足でしたが、そのうち「好き」の気持ちが高じて、何か行動を起こしたくなりました。歌の中に出てくるフランス語の歌詞を理解するために、一生懸命フランス語の辞書を引いて仏文和訳をしました。ピアノスコアを買ってきて練習し、音楽の発表授業で弾き語りを披露しました。彼らがステージで着ている衣装を真似て、手縫いで衣装を作りました。自分の「好き」を発信するために、ファン冊子を発行したり、独学でhtmlタグやCGIを勉強してファンサイトを作りました。
「好き」の気持ちが生む行動力は、誰にも負けません。何かを「好き」でいることが、大きな大きな原動力となることを、私は知りました。電通を「好き」になり、マーケティングプロモーションの仕事を「好き」になることによって、このバイタリティを思い切り仕事に注ぐことができると確信しています。

こんな感じでいいのかしら。このエントリーシートが通ったら、面接でこのネタについて根掘り葉掘りきかれるわけですよね。よしドンと来い。




2003/12/16 01:11  
掘り起こし更新。


那々です。以前に書きっぱなしでほっぽりだしてあったレポートを、無理やりに載っけました。
今年の春に行ってきたトーコのライブのレポートです。なぜほっぽってあったかというと、最後まで書いたはずなのになぜか後半のデータが消えてしまったからです(涙)。でも、あらためて読み返してみると、途中までのレポでもわりとボリュームがあるので、開き直って載っけることにしました。今更のライブレポですが、トーコちゃんがお好きな方はどうぞ。
アムのレポも、近々まとめなおしてレポートコーナーにアップすることにしました。最近日記以外のコンテンツを更新していなかったので、サイト全体を少々活性化させることにします(笑)。

ところで、最近ハマっているJUNくんが、年末のカウントダウンライブに出演することが決まったそうで、すんごく行きたいです。せっかく近場に来てくれるんだし。
でも、DJタイムのゲストだからいつ出てくるか分からないし、大晦日から元旦にかけて家を空けるのは無理だろうし、他の出演アーティストには正直言ってほとんど興味がないし・・・せめて29日か30日の部に出てくれれば、うまく行けるのに。早く普通のライブをやってほしいです。




2003/12/15 02:33  
ここはアムのファンサイトだったかしら。


那々です。アムのライブ行ってきましたよー!楽しかったですよー!
当日までチケを持っていなくて、キョードートーキョーに電話したら「当日券ありません」って言われて、直前までファンサイトでチケ売買BBSをチェックして、一旦は契約成立する直前までいったんですけどそれもポシャって、最終的には開演5分前にダフ屋のおにいちゃんにかけあって、二階席10列目というそんなに悪くない席を定価6500円で手に入れました。
今回はステージが小さいこともあって巨大モニタの類が一切なく、そのために二階席からはアムの顔は全然見えなかったのですが、音はそんなに悪くもなかったし、十分に楽しめました。

セットリストは・・・もうご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、オールシングルです。Body feels EXITから最新のSo crazyまで全てのシングルを新旧順番ごたまぜで歌う、ヒットパレード。
正直言って、このセットリストを事前に知ったときには、「えー!?」と思ったんですよ。だって、アム、アルバム出したばっかりなんですよ?それも、すっごくコアーな、ブラックな、かっこよすぎるアルバム出して、その中で「I'ts namie's style. Here is my nu style」って何回も言ってて、三年ぶりのツアーではそのニューナミエスタイルを拝ませてくれるもんだとばっかり期待していたのに・・・なんでいまさら懐メロ大会なの!?って、すごく不満に思っていました。
たしかにシングルばかり歌うのは盛り上がるから、「ファンサービス」・・・というよりオーディエンスへのサービスにはなるのかもしれない。でも、コアーなファンは、歌番組で何度もきいたシングルよりも、まだ一度も生で歌われたことのないアルバムの中の隠れた名曲の方がききたいと思うでしょうに・・・。「アルバム発売後はセットリストが変わるかも!?」と少し期待をしていたんですが、アムが音楽雑誌のインタビューで「今回はシングルオンリーです」ってきっぱり語っているのを読んで、ちょっとションボリしてました。
だから、セットリストに意外性はないし(「次は何歌うんだろう!?」っていうワクワク感がないんですよね。たとえセットリストを大まかに知っていたとしても、普通のライブだったら一曲終わるたびにこの「ワクワク感」を感じるんですが)、それから「古い歌はもういいよ・・・」という思いがライブ中常につきまとっていて、それは大きなマイナスポイントでした。
でも、どの曲を歌ってもオーディエンスが盛り上がり続けていたことはたしかに事実なので、まぁ結果的には、「普通のライブのセットリストから『おいしいとこ取り』をした、オトクなライブ」という感じではありました。普通のライブってだいたいクライマックスになるとシングルヒット曲をたて続けに歌うじゃないですか。今回のライブは、頭から最後までずっとクライマックスが続いたような、不思議なテンションでした(笑)。

衣装は、最初がこれ。黒い編み上げと黒いペチコートがフェチ心をくすぐります(笑)。その後、キャメル色のチューブトップ&ミニスカ。さらにその後のバラードタイムでは民族衣装っぽい(?)ぞろぞろ長いショールとスカート。それからしばらく黒いキャミに黒いパンツで地味目な格好だったんですが、クライマックスにYou are my sunshineやらBody feels EXITやらダンス系の曲を連発したときには、青いラメラメのタンクトップにぴったりしたパンツをはいていて、ダンスバブル期を髣髴させる懐かしい装いでした。

歌はうまかったです。えぇ、そりゃぁもう。アムもデビュー十年を超えて、ベテランの域に入りつつあるんでしょうか。特に中盤のバラード(I will、Wishing on the same star、think of me、SWEET 19 BLUES)は絶品。
ただし、前半で飛ばしすぎたのか、後半で少々集中が切れた感はありました。特にダンス系の曲が連続するあたりになると、声が枯れてきたのかキィが高すぎるのか、きき苦しい部分も多かったです。特にYou are my sunshineはあきらかにキィがあってなかった。相当無理して声を絞り出していて、痛々しい感じさえしました。・・・でも、全体的に見て、アムのキィが低くなってしまったというよりは、歌い方の問題なのかなぁ。最近ダンス系の曲を歌っていなくて、以前のようにガンガンに高音を張り上げる歌い方から、中低音をメインにした、声のボリュームを抑えた歌い方に変わってきていたから、昔の曲に対応しづらい喉になってしまったのかも。

ついでに、ライブを見て考えた、ライブでのアムの今後の課題を四つほど考えてみました。
1、低音が安定しない。最近スイシーのuh,uh,,,やプテマ(Put'em up)など、低音でテンポの速い歌が多くなりました。CDではドスの利いた声をきかせてくれているんですが、やはり生だと、うまく声が出ていなかったり、歌詞をききとれずに「何かうなってる」くらいにしかきこえなかったり。難しいのかもしれませんが、この先もR&B調で低いキィを歌っていくのなら、生でも十分に低音をきかせられるようになってほしいです。
2、上にも書いたように、昔の高音でハイスピードな歌と今の中低音メインでゆったりな歌との、声の出し方の違い。
3、上に同じく、昔の歌と今の歌のギャップがあまりに大きいので、その二つを混在させるセットリストは組みずらくなりそう。これからはファン層も変わってくると思うので、アンダーグラウンドに慣れたヒップホッパーな新規リスナーにTK時代の曲をうまくきかせるのは難しそうです。
4、MCが下手(苦笑)。これは今に始まったことじゃないですし、アムのファンの方々ももう慣れているんでしょうが、ほんとに口べたです、アム(苦笑)。MCのときにうつむき気味だったり、セリフがまるっきり棒読み口調だったり、最前列の子と普通に一対一の会話を始めちゃったり(笑)。ただ、「今日はみんなっ、盛り上がってくださいねー!」と客を煽った直後に、「まぁ・・・盛り上がっても、次の曲はバラードなんですけど」とストンと落とすあたりには、アムの隠れた(?)MCの才能が垣間見えた・・・のかもしれません。
あと、歌っている最中の客煽りも、あんまりうまくなかった気がしました。サビのフレーズを客に歌わせようとするシーンで、「歌って!」と煽りをかける(マイクを客席に向けるなどのアクション)のが毎回唐突すぎるような。

まぁ・・・でも、宇都宮くんのうすら寒いオヤジギャグをきいて、アムの口べたっぷりやテレビでの無愛想っぷりを見ると、稲葉くんの「言葉でうまく喋れたら、僕は歌なんて歌ってませんよ」という言葉を思い出します。天は二物を与えず、彼ら/彼女らの喉は、話すためではなくただ歌うために作られたんだなぁ、と。

・・・・ライブレポコーナーに上げた方がいいような長いアムレポ、まだ続きます。明日は個々の曲について少しずつ触れる予定。それから、FC会報のマークの脚(というか正確にはスネ)についての考察も。




2003/12/11 01:28  
ナミエ'sスタイル。


那々です。アムのアルバム買ってきました。まだ前半しかきいてないけど、めちゃくちゃカッコいいです!お写真もお美しい!
特に、一曲目のNamie's styleという歌にいきなりノックアウトされました。音、メロディ、歌詞、歌い方、全てが、私たちの知ってるアムロじゃない。「うわー、安室奈美恵ってこんなコアーなところまで来てるんだ」ってびっくりしました。

それから、昨日やっとhogの会報が来ました。マーク特集ということで、嬉しいような怖いような。怖い、っていうのは、「いったい何言うんだろあの人・・・」っていうハラハラ感なんですが(笑)。これに関しては週末までにじっくりと読んで、じっくりと重箱の隅をつつこうと思います。
前回来たケイコ特集の会報も、実はほとんど読んでいなかったりするので、いい機会だから二冊まとめて腹をくくって読み通そうかな。

とりあえず明日くらいに、アムのアルバムのリリックについてと、FC会報のマークの脚について語る予定。




2003/12/09 02:39  
サンセットシティライト。


那々です。最近周りが就活であわただしいです。毎日のようにセミナーに行ったり、説明会とインターンをはしごしたり。
というわけで、私も明日は企業合同説明会を見に、ビッグサイトまで行ってきます。火曜は毎週授業を入れてない日なので、たまたま行けるのですが・・・ねぇ、就職活動のセミナーとか企業説明会とかを平日の真っ昼間からやるっておかしくない!?大学生に授業サボれって言ってるようなもんじゃありませんか。本末転倒だよ(などと批判しつつも社会の歯車に巻き込まれていく私)。

ところで、最近、激しくツボってるアーティストがいます。JUNという人なんですけど。ご存知ない方がほとんどだと思います。8月にデビューして11月にセカンドシングルを出したばかりの、ぴっかぴかの新人さん・・・でもないらしんですが。
今年に解散したWINOというロックバンドの、元ボーカリストさんなんだそうです。私、WINO自体はバンド名くらいしか知らなかったのですが、夏ごろにたまたま伊集院のラジオで流れた彼のデビューシングルをきいて、いきなりツボにはまってしまったんですよ。
「マジック・タイム」という曲なんですけどね。アーティスト名も曲タイトルもすごーくありきたりな(苦笑)名前なので、検索してもなかなか見つからなかったんです。で、まぁそのまま放っていたら、またもやセカンドシングルが伊集院のラジオで流れて(笑)。これがまた激しくツボってしまったので、今度こそいろいろと検索をかけて、やっとJUNが何者なのかを突き止めました。
「マジック・タイム」は短くしかきけませんが、セカンドシングルの「サンセット・シティライト」はフルで(!)きけるので、ぜひともPVつきできいてみてください。これがツボにハマったら、あなたと私はお友達(笑)。
このチープさというか、古くささというか、スカしっぷりというか、開き直りっぷりというか、飄然とした雰囲気というか・・・なんとも言えず私好みです。チープポップなサウンド、キャッチーなメロディ、人を食った歌詞、低くてエロくさい声、そして謎のビジュアルコンセプト。全ての要素にメロメロです。ちょっと初期のソフトバレエを髣髴とさせる感じかな。
今までのキャリアがしっかりとある人らしいので、小室が手がける新人の女の子みたいにヒョイと出てドロンと消えちゃう(苦笑)心配もなさそうですし、来年の二月にアルバムが出るそうなので、今からすごーく楽しみです♪




2003/12/07 21:32  
緩急ありすぎる日々。


那々です。今日の睡眠時間は16時間です。昨日も昼まで寝ていました。寝過ぎです。・・・というのも、今週はレポートとライブと履歴書提出が重なって、めちゃくちゃ忙しかったから、週末は寝てすごすぞ!と決めていたんです。

今回初めて会社に履歴書を送ってみたのですが、こんなにたいへんだとは思いませんでした。まず履歴書に貼る写真を撮るのに一苦労ふた苦労。証明写真用に、普通の写真屋じゃ扱ってないようなフォーマットの写真を要求されたので、わざわざ遠くの写真屋まで行って撮って、それでもうまく撮れていなくて背景を修正したり。
「スナップ写真を自由に貼ってあなたをアピールしてください」というので洋裁をしている写真をデジカメで撮ったのですが、ペイントソフトを使って赤目を修正しているうちに、いくらでも修正できると思うと自分の素のツラを送ることが我慢できなくなり、延々と修正してみたり(しかしできあがってみると大してかわいく変わったわけでもない)。
締め切り日当日に学校で履歴書を書こうとしたら、焦って手の震えが止まらなくて、何枚書いても同じところで書き間違えてみたり。しかも書いているうちに、自分の「ら」の字の書き方に納得がいかなくなってしまい、「これじゃ『ら』と『ろ』の見分けがつかないよ!」などと小学一年生級のジレンマに陥る始末。結局同じ履歴書を9枚書き損じました。人間、テンパると碌なことがないという見本です。
「新宿郵便局止めで5日必着」の履歴書を、5日の午後4時に新宿郵便局窓口に直にブッ込んでみたり(しかし同じことを考えた人は他にも何人かいたようです)。でも速達代より往復電車賃の方が安くついたのでよしとします、会社からの受領確認メールもちゃんと来ましたし。
これらのごたごた全てを、たった一社のエントリーのために行ったんだから、今から先が思いやられます。というか、ここまで手間ひま・時間・金・神経etcをかけてエントリーして、書類選考で落とされたら泣きますね(笑)。

あと最近の出来事で書きたいことは・・・
1、AAA@武道館(不参加)
2、tATu@東京ドーム(参加)
3、JUNの「サンセット・シティライト」
4、KCOサイト開設
このくらいかな。1と4はあんまり楽しくない話題だったりもするので(苦笑)、2と4から先に語る予定です(どちらもこのサイトの主旨からは外れた話題ですが・・・)。




2003/12/01 03:19  
どこからそんなに斜めになった。


那々です。見るまい見るまいと避けていたのに、結局は正式開店したKCOサイトを見ちゃいました。

感想↓
1、重っ!!
2、しかしケイコ美人!!
3、でもやっぱりなんか間違ってるよ!!

1、あのクソ重たいページは何なんですか。ADSL回線を使ってるはずなのに、メインページ→メッセージページに進むのに三分くらいかかったんじゃないかな。なんでだろう、うちのダイちゃんのスペックが小さいのかな?
しかも勝手に全面表示になるし・・私、全面表示大きらいなんですよ(常にアンダーバーに5個以上のタスクを出しっぱなしにしていて、それらをがつがつ切り替えていくつものプログラムを同時進行で使うので、アンダーバーが隠れる全面表示はゆるせない)。
キレてサイトを閉じようとしても、メインページに一度戻らなきゃ閉じられないから、また三分かかるし(苦笑)。気の短い人間にはとうてい見れません。フラッシュはいらんからhtml版を作ってくださいよ(まぁ、今夜はサイトがオープンしたばかりだから、ファンが全国から一斉にアクセスしてる、っていうのも重い原因の一つになっているんでしょうが・・・)。
2、しかしケイコはうつくしいです。メインページ読み込みの最中のシルエットはグレイ(函館バンドじゃなくて宇宙人の方)みたいでちょっときもちわるいんですが(苦笑)、中の写真はどれもこれもため息出ちゃうほど美人です。いちばんきれいなのは、wallpaperページのケイコのアップかな(でも、そのケイコアップのwallpaperはない、という不思議な矛盾)。
私はどっちかっていうとケバいケイコが好きなんですが、今回の写真はどれもナチュラルメイクで攻めてますね。化粧が薄いと、ケイコってごく普通の顔立ちをしてるんだってことがよく分かります・・・「普通の顔立ち」というのは、「美人でない」という意味ではなくて、そんなに特徴のない「普通の美人」っていう意味です(反対に、化粧してようがしてまいが「普通じゃない」顔立ち、「普通じゃない美人」というのは、たとえばアムみたいなインパクトのある顔立ちの人のことを指します・・・ケイコもアムも褒めてるんですよ!)。
3、これを言うとまた愚痴が止まらなくなるので、一言だけ書いて、後はもうフテ寝することにします。
・・・・・「TKがいることが前提のソロ」って、やっぱり矛盾してるよ。
以上。もう寝ます。お休みなさい。